Sponsored Contents

Internetの最新記事

Image credit:
Save

YouTube、組織的な「Dislike」攻撃の防止方法についてアイデアを提示。表示の廃止含め検討中

さらに良案を探しています

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年2月5日, 午前06:00 in Internet
219シェア
18
119
0
82

連載

注目記事

YouTubeの動画は、気に入れば"Like(高く評価する)"ボタンを押し、その反対ならば"DisLike(低く評価)"ボタンを押すことで、別の視聴者がその動画を訪れたときに見るに値するかを判断する基準とすることができるほか、おすすめ動画に選ばれるための指標になったりします。

しかし、最近ではこの仕組みを悪用し、特定の動画公開者やゲームなどの扱う話題に対して組織的にDisLike攻撃を仕掛ける"dislike mobs"が問題となりつつあります。


このような組織的な攻撃をしにくくするための方法を、YouTubeは模索しています。YouTubeのプロジェクト管理責任者Tom Leung氏は動画でいくつかの方法を説明しました。それはたとえばLikeもしくはDislikeの数表示をデフォルトで非表示にしたり、Dislikeを選択する場合はその理由を説明するよう求めたり。またはDislikeの数のみを非表示とする、Dislike自体をなくし、Likeだけにするetc...。

ただし、Leung氏が示した対策例には多くの欠点があることを本人も認めています。いちいち嫌いな理由を説明したがる人はいません。また、Dislikeを取り除くことは極端な対応であり、民主的でないとも述べています。ただ、現状ではこれら対策のどれかを実施する可能性はあり、より効果的な解決策を持つクリエイターらからのフィードバックを得る目的で、こうした議論があることを公表したとのことです。

YouTubeで収益を得ている人以外にとってはたかがLike/Dislikeの数字というだけかもしれません。そして、場合によっては突然、動画のDislikeが増えたとしても、必ずしも動画が視聴されなくなるというわけではありません。ただ、相対的にLikeの数が減るようであればシステムにおすすめされなくなり、結果として視聴回数の減少につながることもありえます。そうであれば、いずれ何らかの対策は実行されると考えておくのが良さそうです。




情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

219シェア
18
119
0
82

Sponsored Contents