Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

メディアバンドルを成功させればアップルは再び1兆ドル企業に返り咲く?Netflix買収を勧めるアナリストも

Netflix買収は約21兆円かかるそうですが

Kiyoshi Tane
2019年2月5日, 午後02:00 in Apple
56シェア
0
17
0
39

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View
SIPA USA

アップルの株価は昨年末からの急落後に少し値を戻していますが、それでもピーク時の時価総額1兆ドルに戻る気配は今のところありません。

そうした状況のなか、世界的大手金融グループのモルガンスタンレーに属するアナリストKaty Huberty氏は、アップルが音楽やテレビのストリーミング、そして雑誌読み放題サービスをセットにした「メディアバンドル」を上手く立ち上げれば、株価は1年以内に211ドルを目標にできると述べています。

ちなみに1兆ドル達成当日の終値は約206ドルだったため、この分析は事実上「再び、1兆ドル企業に返り咲ける」ことを意味しています。

メディアバンドルとは、上記のように音楽や動画ストリーミング、雑誌や本の読み放題といった複数のサブスクリプションを一纏めにしたもの。音楽はApple Music、動画サブスクリプションはたびたび噂に上っているとして、雑誌は......?といえば、2018年3月に雑誌版Netflixともいわれるデジタル雑誌サービス「Texture」を買収しています。

Huberty氏の予測では、具体的にはメディアバンドルがアップルのサービス収入を年間2%増加させるとのこと。さらに総売上高では年間5%、EPS(1株当たり利益)では12%も年間成長率を高めると分析しています。サービスの伸びに対して売上げの成長見込みが高すぎる感もありますが、ハードウェアの売上げを牽引するという意味かもしれません。

アップルのメディアバンドルについては、過去にも何度か噂が報じられています。2018年の6月にもThe Informaitonは、同社が雑誌サービスとオリジナルテレビ番組を既存の音楽サービス(Apple Music)と組み合わせてアマゾンプライム風のサブスクリプションにすることを検討中と伝えていました。

そうしたメディアバンドルを立ち上げるとすれば、懸念されるのがアップルにとっては実績のないオリジナルテレビ番組の製作です。JPモルガン銀行のアナリストSamik Chatterjee氏は、アップルが自力でストリーミングサービスを開始する代わりにNetflixを買収(およそ1890億ドル=約20兆8000億円)すべきだと主張しています

その理由は、Netflixが「エンゲージメント(購読者との関係の良さ)レベルおよびオリジナルコンテンツの主導的立場についても戦略的に最適であり、純粋なコンテンツアグリゲーター(他社のコンテンツをまとめて配信するメディア)とは一線を画している。この分野で最も成功したプレイヤーを獲得することは価値があると考えている」とのことです。

すでにApple Music等もAndroidアプリが用意されており、もしもNetflixがアップルに買収されても他社ハードが閉め出される恐れはないかもしれません。今後のアップルは「ハードよりもサービス」との声もありますが、今後のサブスクリプション戦略を見守っていきたいところです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
Via: 9to5Mac
Source: CNBC(1), CNBC(2)
関連キーワード: apple, applemusic, netflix, subscription
56シェア
0
17
0
39

Sponsored Contents