Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

スマホやPCをジェスチャー操作できる多機能リモコン「ELECTRO-BROOCH」のクラウドファンディングプロジェクトが開始

予定販売価格は1万円。早割支援は7000円から。

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年2月5日, 午後06:00 in gadgetry
57シェア
9
20
0
28

連載

注目記事



タッチジェスチャーで操作する多機能リモコン「ELECTRO-BROOCH(エレクトロ・ブローチ)」の出資を募るプロジェクトがクラウドファンディングサイトMakuakeで始まっています。プロジェクトは2月27日まで。

衣服やバッグ、クルマのハンドルなどに装着でき、指の動きだけでスマホやPCの様々な機能をコントロールできる多機能リモコンです。その名の通り、ブローチのように身につけられることも特徴のひとつ。

目標とする合計出資金額は30万円で、超早割として1個6500円(税込、以下同じ)から用意されており、予定販売価格は1万円です。

ELECTRO-BROOCHを開発したのは、韓国のスタートアップ企業BLUETIUM(ブルーティウム)。製品企画の主旨は、ITと衣料を融合させた「スマート衣料」の普及に貢献するため、とのこと。

ELECTRO-BROOCHはスマホやPCなどとBluetooth接続して使います。動画や音楽再生アプリやスマホカメラ、PowerPointなどのプレゼンにも活用できるなど、具体的な利用シーンと共に機能をアピールしています。

Presentation from TechWish on Vimeo.


具体例として、音楽再生時には次のように使えます。

ELECTRO-BROOCH

・再生するにはダブルタップ
・音量アップは下から上にスライド
・次の曲を再生するには左から右にスライド

プレゼン時の操作は次のような具合。

・スライドショーを開始するにはダブルタップ
・次のスライドに進むには左から右にスライド
・前のスライドに戻るには右から左にスライド
・スライドショーを終了するには手のひらで本体を覆う

本体は丸型で直径は60mm、厚さ7mm、重さは20gです。

背面には、面ファスナーが装着されており、衣服やバッグ、クルマのハンドルなどに固定して使うこともできます。

また、本体表面はカスタム印刷も可能。プロジェクト支援時にロゴやイラストの画像データを提供することで「缶バッヂ」のように好きな絵柄を身につけることもできます。

ELECTRO-BROOCH

このほか、電源ON/OFFスイッチやLEDライト、180mAhのリチウムイオン二次電池を搭載しています。バッテリー充電時間は30分で、バッテリー寿命は連続使用で約2日間、スタンバイモードで約7日間です。充電は別売りのMicro USB Micro-Bケーブルで行います。

技適マークは取得済みで、Bluetooth 4.2 LEをサポートします。互換性のあるOSはAndroid、Windows、iOS、macOS。カラーは黒と白の2色を用意。

付属品としては、ELECTRO-BROOCH本体の他、マジックテープステッカーが2枚、取扱説明書が1部同梱されています。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

57シェア
9
20
0
28

Sponsored Contents