Sponsored Contents

Medicineの最新記事

Image credit:
Save

尿路結石の再発確率を調べるオンラインツール「ROKS」。改善点残るも参考用に活用可能

地獄の激痛を思い出したくない方に

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年2月6日, 午後05:20 in Medicine
69シェア
0
69
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
米国で最も優れた病院との呼び声も高いメイヨー・クリニックが、尿路結石の再発可能性を判断するオンラインツールRecurrence Of Kidney Stone(ROKS)を開発しました。このツールはライフスタイルや病歴などをもとにして結石が繰り返し発生する確率を予測します。

ROKSの初期バージョンは2014年に開発されたものの、当時はまだ尿路結石にはじめて罹患した患者に2度めの再発可能性があるかを判定するのみでした。しかし最新バージョンでは、メイヨークリニックで治療を受けた3000以上の尿路結石患者の情報蓄積により、あらゆる患者の再発確率を予測・算出することが可能になっています。

システムの構築に用いられたデータには、極端な例として進行が早く症状が悪化して大きな苦痛を経験した患者や、8回も結石が再発した患者の例がありました。そしてこれらはいずれも若い男性や体重が重い人、そして妊娠している人に集中していることがわかったとのこと。

大幅に予測精度を上げたROKSですが、それでもまだ予測精度的には向上させる必要性があるとのこと。指標となるc-indexの値は完璧な精度を意味する値を1.0、良好とする値が0.7であるのに対し、ROKSのそれは0.681にとどまります。したがってもう少しアルゴリズムを鍛える必要性は残されています。

ただ、それでも何も予測できないよりはできたほうがいいに違いはありません。ROKSはウェブからアクセス可能。iOSもしくはAndroidアプリも準備中とのことです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

69シェア
0
69
0
0

Sponsored Contents