Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy NoteのSペンに光学ズームカメラ内蔵? サムスンが特許

スパイカメラ?

Kiyoshi Tane
2019年2月9日, 午後12:45 in Camera
117シェア
19
48
0
50

連載

注目記事


サムスン製スマートフォンのGalaxy Noteシリーズでおなじみのスタイラス「Sペン」。その中に将来的にカメラ内蔵を可能とする特許を、同社が取得したことが明らかとなりました。

米国特許商標庁(USPTO)が特許を認可した文書において、サムスンは一般的にスマートフォンが写真を撮るために使われている現状を指摘。そのうえで、スマートフォンは薄型デザインのために優れた画質を実現する光学ズーム(物理的にレンズを動かすための厚みが必要)を実装できず、デジタルズーム機能に限られていると述べています。

本特許は、この技術的な制約を「ペンに光学ズーム付きのカメラを追加」によって回避しようとするもの。サムスンは2018年のGalayxy Note9用のSペンにBluetoothを内蔵し、リモコンのように使える多機能に進化させたことを考えると、あり得る方向性と思われます。

公開された特許図面のFIG.2では、カメラレンズはSペン(と思しきペン)の上部チャンバーに内蔵され、ペン表面のスイッチと連動してズーミング機能をコントロールできるように設計されています。ペンの縦長という構造を活かして、複数枚を仕込んだ上でレンズ間隔を変動できるスペースも確保されているわけです。
spen
そして図面のFIG.4Bからは、このペンがGalaxy Noteシリーズなどサムスン製スマートフォン向けであることは明らかです。カメラ内蔵Sペンを手に取って被写体に向け、受信したスマホ側でファインダーを覗くといった用途が想定されているのかもしれません。

映画でもおなじみのペン内蔵スパイカメラと同じ発想で、すでに単品で製品化しているものもありますが、正式にスマートフォンと連携する公式製品は前例がないもの。かまえる高さやアングルも自由自在のペンであれば、撮れる写真のバリエーションも広がりそうです。

その一方で、カメラとは分からない外観のペンでは、相手の同意がない撮影を避けるなどプライバシーに配慮する必要もあるはず。撮影や録画ができるメガネ端末Google Glassも、発売当初はプライバシー保護が懸念されていました。

特許を取得したからと言って製品化されるとは限らず、コンセプトのまま終わる可能性もあります。とはいえ、毎年のGalaxy Noteシリーズにおいて「次はどうSペンが進化するか」は注目ポイントの1つでもあり、今後もサムスン特許を見守っていきたいところです。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

関連キーワード: camera, galaxynote9, mobile, Samsung, smartphone, SPen
117シェア
19
48
0
50

Sponsored Contents