Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2月13日のできごとは「Ryzen 5 2400G 発売」「GRANNOTE 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年2月13日, 午前05:30 in today
16シェア
3
13
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

2月13日のおもなできごと

2014年、富士通が大人世代ノートPC「GRANNOTE」を発売
2015年、ワコムが「Cintiq 27QHD」を発売
2016年、ソニーが超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」を発売
2018年、AMDがAPU「Ryzen 5 2400G」(Raven Ridge)を発売
2018年、米国でMPEG2の特許有効期限が切れる

2018年:高い3D性能を持つGPUを内蔵したAMDのAPU「Ryzen 5 2400G」

today
2017年に発売されたRyzenは多コア化による性能の高さで人気となりましたが、IntelのCPUと違ってGPUを内蔵しておらず、低コスト・省スペースPCには向いていないのが悩みでした。そんなRyzenにGPU内蔵となるAPU(AMDはGPU内蔵のCPUのことをAPUと呼んでいます)「Ryzen 5 2400G」が発売されたのが、2018年の今日です。

コードネームは「Raven Ridge」で、CPUは4コア8スレッド、GPUは11コアという構成。ざっくりいえば、Ryzen 5 1500X相当のCPUに、Radeon RX 550くらいの性能のGPUを組み合わせた感じでしょうか。動作の軽いFPS、MMORPG、ストラテジー、MOBAなどを楽しむには十分な性能があります。ちなみに、下位モデルに4コア4スレッドとなる「Ryzen 3 2200G」というモデルもあり、同時に発売されました。

つい最近登場したASRockの「DeskMini A300」という小型ベアボーンでは、Ryzen 5 2400Gと組み合わせて使うのが人気のようです。

2014年:60台を中心とした大人世代向けPCが登場「GRANNOTE」

today
年齢の高いユーザーのために作られた、「大人世代」向けのノートPCが「GRANNOTE」。Core i7-4500U、8GBのメモリー、1TB HDD、BDXL対応の光学ドライブ、15.6インチ液晶(1920×1080ドット)を搭載したハイスペックなオールインワンノートというだけでなく、約3mmとストロークの深いキーボード、側面をのぞかなくても位置がわかるよう上面に光るインターフェースアイコンの配置、年齢に合わせた色味調整、高音域を強調した聞き取りやすいサウンドなど、誰もが使いやすいよう作りこまれていたのが特長です。

「かんたんケータイ」的な機能を省いたシニア向けではなく、フル機能を搭載した上に、さらに使いやすくする機能が加わったモデルというのは新鮮味がありました。

体の衰えを機械で補うというのは理にかなったことではありますが、裏を返すと、この機能が便利に感じるってことは体が衰えてきていることの証拠。それだけに、こういったあからさまなシニア向け商品は、気持ち的に受け入れ難いものがあるのでしょう。いい製品なのですが、割り切って購入できる人がどのくらいいるのかといえば......難しいところですね。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: amd, apu, fmv, fujitsu, GRANNOTE, ryzen, today
16シェア
3
13
0

Sponsored Contents