Sponsored Contents

Politicsの最新記事

Image credit:
Save

トランプ大統領がAI技術開発を優先する大統領令に署名。中国に対する優位性維持

軍事目的は過去に反発も

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年2月12日, 午後05:30 in Politics
26シェア
0
26
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
ドナルド・トランプ米大統領は2月11日、人工知能の開発と規制を促進する大統領令「American AI Initiative」に署名しました。大統領は一般教書演説においてAIに関する技術的なことはなにひとつ語らなかったものの、この大統領令をもってAI分野への優先的な投資拡充を実施するとしています。

この大統領令は、より教育された労働者を育成するとともに、信頼性、安全性、相互運用性などを備えるAI開発のために必要な政府所有データへのアクセスを提供させつつ、また諸外国との協力関係構築も推進します。ただし、この命令はこのAI技術の研究開発用資金の金額を示しておらず、具体的にどのようなことするのかもほとんど示しませんでした。

現在、米国は主に中国との貿易摩擦が激化しています。そしてGoogleやAmazonといったインターネット巨人たちは今のところAI業界のトップを維持しているものの政府機関とは距離をおいています。専門家らはいずれ中国が監視システム、自律兵器、さらには自動運転技術から幅広いインターネット関連技術において米国を抜き去るのではないかと懸念しています。

中国は2017年7月、2030年をめどにAI技術を1500億ドル規模の産業に育て上げ、その分野で世界のリーダーになるという計画を発表しました。AI超大国化を目指し突き進む中国を前に、米国政府はAI技術による自動化によって失業者が増えるとの声もある中、今回の大統領令に署名しています。

この命令では、連邦政府にも部門を超えてAIのための規制の枠組みを確立することを求めています。政府はアメリカ労働者協議会とも協力、産学協同での教育活動の創出を計画し、政府機関にはとにかくAIに関連する知見を深めるよう呼びかけるとしています。

ただ気になるのは、どのようにしてこの取り組みを追跡し、足並みをそろえるのかというところ。当局はこの点についても詳細を明らかにしていません。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

26シェア
0
26
0
0

Sponsored Contents