Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

USB-C/Thunderbolt 3をMagSafe化するMacBook Pro向けアダプタThunderMag、100W給電も対応

早割50ドルくらい、以降80ドルくらい予定

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年2月12日, 午後07:00 in Innerexile
93シェア
0
93
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


台湾のアップル製品アクセサリメーカー innerexile (インナーエグザイル)が、MacBook ProなどのUSB-C / Thunderbolt 3コネクタを「MagSafe化」、つまりマグネット式かんたん脱着にするアダプタ ThunderMag のクラウドファンディングを開始しました。

売りはThunderbolt 3の40Gbps高速データ通信と、最大100W (20V 5A)のUSB-PD給電に対応すること。またMacBook Proの側面に並んだ2ポート両方にもつけられるほど小型なこと。



ケーブルに足を引っ掛けても途中で外れてノートごと落ちないMagSafeは、かつてMacBookの標準装備だったものの、給電とデータ兼用のUSB-Cコネクタ採用に伴い失われた機能でした。

USB-CのMagSafe化をうたうアダプタはサードパーティから多数販売されていますが、データには対応せず充電だけのもの、通信に対応してもThunderbolt 3のフルスピードはサポートしないものが大半です。

innerexile が開発を続けてきたThunderMagの売りは、規格上最大40GbpsのThunderbolt 3フルサポートと、最大100WまでのUSB-PD充電対応(アップルの87W USB-C 電源アダプタが最大出力で使える)。大電流を流した際の発熱管理や安全性もアピールしています。

そのほかの利点は比較的小さくMacBook Proの片側に2つ並べて使えること、挿しっぱなしなので通常の抜き差しよりも本体側のポート周辺を傷つけることがないなど。



Kickstarterでのクラウドファンディングの形式をとっていますが、すでに写真どおりのサイズで機能するプリプロダクション品まではこぎ着けており、成立金額も1万ドルと低め。

「こんな夢があるから賭けてくれ!」というより先行予約販売に近い、「宣伝と市場調査も兼ねて募集しますよ」系のプロジェクトです。開始直後から個数限定でやや安い早割リワードにバッカーが集まっており、すでに目標の4倍ほどのプレッジ集めに成功しています。

プレッジ金額とリワードは、個数限定のアーリーバードがThunderMagひとつ44ドル、そのうえが個数制限なしのひとつ49ドルなど。500個限定の超早割39ドルは売り切れ。

お届け予定は2019年4月、発送は世界各国となっています。市販価格は79ドル前後になる予定。

MacBookにMagSafeを復活させる趣旨の製品ではありますが、ほかのUSB-C(Thunderbolt 3)製品でも、ただのUSB-C端子にも、でっぱりが気にならなければスマホでも利用可能です。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

93シェア
0
93
0
0

Sponsored Contents