Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

中国Vivoが新ブランド「iQOO」を発表。プレミアムあるいはゲーミングブランドに?

アイキュー、アイクー、アイキューダブルオー……

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年2月13日, 午前10:00 in mobile
51シェア
22
29
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

中国のスマートフォンメーカーVivoが、新ブランド「iQOO」の立ち上げを発表し、Weibo上でそのキービジュアルを公開しました。

中国スマートフォンメーカーのサブブランドと言えば、HUAWEIのhonorが有名ですが、ほかにもXiaomiの低価格ブランドRedmiや、OPPOのインド向けブランドRealme、ZTEのハイエンドブランドNubiaなどがあります。

VivoにとってiQOOがどういった立ち位置のブランドになるのかなど、詳細は発表されていませんが、キービジュアルからは未来的な印象を受けます。Vivo自体、ディスプレイ内指紋センサやポップアップするカメラ、両面ディスプレイ端末など、先進的な技術を手掛けていますが、そういったものとは別に、Nubiaのようなプレミアム指向のブランドになるのかもしれません。

あるいは、流行りのゲーミング端末向けブランドとも考えられますが、いずれにしろ、答えは正式発表を待つ必要があります。

なお、公式サイトはiqoo.comになるようですが、記事作成時点ではVivoに関する情報が表示されるだけとなっています。

ちなみに「iQOO」の読み方ですが、これもまだ明かされておらず、公式アカウントが「読み方がわかりますか?」と質問を投げかけている状態です。普通に読めば、アイキューあるいはアイクーあたりと考えられますが、Weiboでは「IQ無限」「Ai Cool」といった意見も挙がっています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: GSMArena
Source: Vivo(Weibo)
関連キーワード: iqoo, mobile, smartphone, subbrand, vivo
51シェア
22
29
0

Sponsored Contents