Sponsored Contents

autonomousの最新記事

Image credit:
Save

自動運転を応用した「車線維持ベッド」、フォードが開発。寝相を力技で矯正

(※走りません)

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年2月14日, 午前06:10 in Autonomous
64シェア
0
64
0
0

連載

注目記事



自動車メーカーのフォードが、「自動運転技術を応用した車線維持ベッド」なるものを公開しました。

寝相の悪い人がベッドのパートナー側、あるいは「となり車線」に大きく侵入すると、センサーが検出して引き戻します。だいたい想像できるとおりの動画はこちら。



「車線またぎ」を圧力センサで検出するまでは良いとして、どうやってイーブンな状態に戻すのかと思えば、マットレス部分全体がベルトコンベア式でスライドして引き戻すという雑な力技でした。

車線維持ベッドなるものを開発した(と主張する)のは欧州のFord Europe。市販する実用品ではどう考えてもなく、自動運転技術・車線維持アシスト機能を話題にするために作られたようです。



欧州フォードは以前にも、自動車の静音技術を活用して犬が落ち着ける「ノイズキャンセル犬小屋」なるコンセプトも公開していました。こちらも市販予定はありません。

「車線維持」はさておき、ベッドにセンサーを仕込んで睡眠習慣のトラッキングに使ったり、患者のバイタル監視をするスマートベッドはすでに各社が提供しており、特におかしな発想ではありません。



マットレスとブレスレット、スマホアプリを使い、ベッド上での運動量や脈拍、カロリー消費をトラッキングするという製品。こちらはスペインのメーカーPokolinのまじめな商品です。






広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: autonomous, bed, concept, ford, joke
64シェア
0
64
0
0

Sponsored Contents