Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

次期iPhoneは背面トリプルレンズ?台湾サプライヤー「主力スマホの3レンズ以上採用」に自信示す

他社のAndroidスマホに採用かもしれませんが

Kiyoshi Tane
2019年2月14日, 午前06:50 in Mobile
29シェア
0
29
0
0

連載

注目記事


iPhoneのカメラレンズモジュール大手サプライヤーの台湾Largan Precisionが、2018年第4四半期の売上高と営業利益が大幅に減少しているにもかかわらず生産を拡大するという不思議な行動に出ていると報じられています。どうやら「主力スマートフォンモデル用の3レンズ以上のモジュール採用」に自信をもっているとのこと。

このニュースを伝えているのは、最近iPad mini 5(仮)関連などアップル製品の噂を次々と投入している台湾の製造業界誌DigiTimes。ニュース精度的には当たり外れもあるDigiTimesですが、今回の情報ではLargan Precisionが「iPhone向けのレンズ供給元」ということから、iPhone次期モデルにトリプルレンズ採用という観測にも関連すると考えられます。

DigiTimesは続けて同社が中国のファーウェイやOppo、Vivo、および韓国サムスンといったスマホメーカー向けにもレンズモジュールを供給している。その(大量生産による)規模の経済性と技術力によって可能となった競争力のおかげで、2019年モデル用の3レンズ構成モジュールの注文を得られるより良いチャンスに恵まれている--として、具体的なメーカー名には言及していません。

LarganのCEOLin En-ping氏は、2018年6月にも(世界のスマートフォン市場が飽和状態に近づく可能性がある中で)「より多くのスマートフォンモデルが2019年に3つ以上のレンズモジュールを実装するだろう」との見通しを述べていましたが、その際もiPhoneとは特定していません。ちなみに、同時期に台湾のTAIPEI TIMESは「来年(2019年)後半に3レンズ式リアカメラを搭載したiPhone新モデル」が発売される可能性が高いと報じています。

周辺情報も合わせて、「2019年iPhoneのハイエンドモデルには背面トリプルレンズ採用」を裏付ける噂とも思われますが、もしかしたらアップル以外のAndroid各社がトリプルレンズ端末を投入する可能性があるのかもしれません。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: DigiTimes
関連キーワード: apple, AppleRumor, camera, iphone, Mobile
29シェア
0
29
0
0

Sponsored Contents