Sponsored Contents

airpodsの最新記事

Image credit:
Save

AirPods 2(仮)は黒色追加で今春登場?から動画配信サービスが3月25日発表?まで。最新アップルの噂まとめ

AirPods 2発売は今春なのか秋なのか

Kiyoshi Tane
2019年2月17日, 午後01:30 in Airpods
74シェア
0
34
0
40

連載

注目記事


Bloomberg via Getty Images

「今後のアップルはハードよりもサービス」との声に応えるように、新サブスクリプション(定額制サービス)の噂があいついだ1週間。その一方で、iPad mini 5(仮)の登場はしばらくないとの観測もありました。

AirPods 2(仮)は今春登場?から動画ストリーミングサービスは3月25日発表?まで、最新のアップル噂をざっと振り返ります。

アップルが保証切れiPhone買い換えを勧めるよう小売店に指示?販売戦略を転換のうわさ

upgrade
iPhoneの売上げを心配したアップル幹部達の要望に沿って、小売店の「技術スタッフ」に保証切れデバイスの買い換えをユーザーに勧めるように指示されたとの米Bloomberg報道です。

2018年12月にアップル社内で販売テコ入れのための配置転換があったとの報道以来、たびたび伝えられているiPhone2018年モデル販売不振のうわさ。特に落ち込みが深刻とされる中国に関してはクックCEOが実質的に値下げを検討すると語り、その後に(中国元の切り下げに対応した体裁とはいえ)実施したと認めています

矢継ぎ早に打ち出されるiPhoneの値下げや売り込み戦略は、高級ブランド志向を主導していた小売り責任者アンジェラ・アーレンツが今年4月に辞職することが転換点となったと示唆する報道もありました。ここ数年の傾向だったiPhoneの高価格化も、もしかすると改められるのかもしれません。

Apple Musicの無料体験を勧めるプッシュ通知が大量配信のうわさ。「別れた恋人のようだ」という声も

push
9to5Mac

アップルがiOSユーザー向けにプッシュ通知を送ることは2018年末こそ驚かれていましたが、それからオリジナル番組やHomePodの宣伝、Amazon EchoでApple Musicスキル提供の告知などが続いたことで「異例から恒例」となっています。

慣れっこになってしまったユーザーにとっても、ここ数週間におけるApple Music無料体験のプッシュ通知はかなりのインパクトでした。「遅すぎることはない」「私たちは変わりました」といったメッセージに関しては、まるで別れた恋人のようだ......と評したツイートもあります。

しかしながら、開発者からはApp Store Reviewガイドライン4.5.3(要求されていないメッセージを送信するためにプッシュ通知を使用することを禁止)や同4.5.4(プッシュ通知を広告やキャンペーン、ダイレクトマーケティング目的に使うことを禁止)に抵触するのではないかとの指摘を受けています。

とはいえ、以前Apple Musicの無料体験を使用済みでも再び3週間も無料試用できるのは結構なサービスぶり。別れたサブスクリプションとよりを戻すきっかけにもなりそうです。

AirPods 2(仮)は脱うどん? 黒色モデル追加、健康センサー搭載のうわさ

AirPods2
Reuters

アップル純正ワイヤレスイヤホンの後継機AirPods 2(仮)はBluetooth機関の認証などから登場は確実視されていましたが、ようやく詳細についての噂が報じられました。

インドのモバイル系情報サイトMySmartPriceによると、AirPods 2は低音域が向上する上に握りやすい新種の表面コーティングが施され、健康モニタリング機能も搭載。そして前モデルの白色に加えて新色の黒も準備されるとしています。

予想価格は、初代AirPodsが159ドルだったのに対して、少しお高めの約200ドルとのこと。細部に留まらないアップデートや黒モデル追加で「耳からうどん」が避けられる付加価値(?)もあり、妥当な値上げかもしれません。

そして初代AirPods用のワイヤレス充電ケースや、すでに量産開始との噂もある純正ワイヤレス充電マットAirPowerも今春にリリースされるとのこと。2017年9月のイベントで予告されていた「AirPowerの上でiPhoneとAirPods、Apple Watchが同時充電」の光景が、ようやく目の当たりにできそうです。

アップル、iPhone用「ポルノ・ギャンブルアプリ」の取締り強化。企業証明書使いApp Store迂回

app
先日、GoogleFacebookが社内アプリ開発のために提供される企業証明書を個人情報収集アプリ配布目的で不正利用していたことが発覚しました。

それと同じ手口を、ポルノやギャンブルといったApp Storeの審査を通らない類のアプリが悪用していたとのニュースです。これまでApp Store以外からアプリをインストールするためには手の掛かる「脱獄」作業が必須でしたが、企業証明書を使えば一般ユーザーに簡単に非正規アプリを導入させられるというわけです。

こちらは非正規業者が自ら作ったアプリでしたが、その後にポケモンGOやSpotify、Minecraftといった有料ないしアプリ内課金や広告のある正規アプリを改変し、同じく企業証明書を悪用して配布していた海賊版業者も発見されています。

アップルは悪質業者を見つけしだい企業証明書を取り消していますが、証明書の発行手続きは架空の企業名や無関係な実在企業名を使えばそう難しくはないとのことで、イタチごっことなっています。しかし2月末からは開発者アカウントにも2ファクタ認証が義務づけられるため、少なくともこの手口での悪質業者の数は先細りとなりそうです。

次期iPhoneは背面トリプルレンズ?台湾サプライヤー「主力スマホの3レンズ以上採用」に自信示す

lens台湾業界情報誌DigiTimesが、カメラレンズモジュールの大手サプライヤーLargan Precisionが「主力スマートフォンモデル用の3レンズ以上のモジュール採用」に自信を持っていると報道。同社はアップルのサプライヤーでもあるため、iPhone2019年モデルにトリプルレンズ採用という観測に結びつけられたしだいです。

DigiTimesによれば、Larganは2018年第4四半期の売上高と営業利益が大幅に減少しているのに生産を拡大するふしぎな行動に出ているとのこと。その大穴を埋め合わせるには、販売台数が減っているとはいえ莫大な出荷が約束されているiPhone次期モデルが打って付け、といったところでしょう。

しかし、Larganは中国のファーウェイやOppo、韓国サムスンといったAndroidスマホ大手にもレンズモジュールを供給しています。ひょっとすると、2019年はiPhone以外のAndroidハイエンドモデルにも一斉にトリプルレンズ採用の波が来る可能性もありそうです。

アップルのニュース版Netflix、大手メディアと購読料の配分で交渉難航?3月25日のイベントで発表のうわさ

アップル、動画ストリーミングサービスを3月25日に発表? ハリウッドスターをイベントに招待したとのうわさ

tv
アップルが3月25日開催予定とされる(まだ噂レベルですが)大型イベントにて、2つの定期購読サービスを発表するとの噂が報じられています。

1つは有料ニュース購読サービスで、メディア業界の幹部いわく「ニュース版Netflix」とのこと。米WSJによれば、参加している新聞等のニュースが月額10ドル程度で読み放題になり、今年の後半にはApple Newsアプリの中で提供されると伝えられています。

もう1つは米Bloomberg報道。(おそらくニュース版Netflixも含む)3つのサービスを発表予定、うち1つは動画ストリーミングで、そのためにハリウッドスターをゲストに招待するとのことです。

どちらのサブスクリプションについても、アップルとメディア各社は購読料の配分と顧客データの共有をめぐって交渉が難航しているとの観測です。有料ニュース購読サービスについては、「アップルが収入の半分、残り半分を読者の購読時間に応じてメディア各社が配分」との条件が提示され、メディア側が難色を示していると報じられていました。

ニュースにせよ動画にせよ「現地の言語でコンテンツを提供する企業との契約が必須」となるサービスについては、おそらく当初はアメリカに限られ、日本やその他諸国での提供はしばらく望み薄と思われます。

むしろ3月25日(推測)のイベントでは「AirPods 2や新iPad miniは登場しない」とのBuzzFeed報道の方が、日本のユーザーにとっては気がかりかもしれません。

AirPods 2(仮)の発売は今秋までない? 初代用無線充電ケースは近日発売とのウワサ

AirPods 2(仮)はやはり今春登場?黒モデル追加でワイヤレス充電マットAirPowerと同時発売の可能性

pods
初代AirPodsの白に黒色モデルも追加、音質も改善、滑りにくいい表面コーティングも施され、健康モニタリング機能も搭載して価格は199ドル(約2万2000円)--そうした仕様の予想はすでに固まってきたAirPods 2(仮)ですが、噂ごとに予測が異なっているのが「発売される時期」です。

今週初めのMySmartPrice情報は発売時期に触れていませんでしたが、リーク情報で実績あるOnleaks氏は100%確信が持てるわけではないと前置きしつつ「今秋になるかもしれない」とツイート。その直後、中国メディアの経済日報は「台湾サプライヤーのInventecが今春発売に向けて新型AirPods(AirPods 2)の量産を開始」と報じたしだいです。

つまりは、どのリーク元も確信が持てるほどの決定的な情報を欠いている状況と思われます。逆に、どの噂話でもほぼ一致している「ワイヤレス充電マットAirPowerは今春発売」の予測はかなり確度が高そうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

74シェア
0
34
0
40

Sponsored Contents