Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

60歳以上シェアNo.1を達成したワイモバイル、「かんたんスマホ」に迷惑電話のブロック機能を無料提供

新色シルバーも登場

田沢梓門, @samebbq
2019年2月21日, 午後01:20 in Android
88シェア
0
63
0
25

連載

注目記事


ワイモバイルが販売する「かんたんスマホ」(京セラ製)が2月28日から、「迷惑電話対策」アプリ機能が無料で提供予定です。ソフトウエアを更新することで自動的にインストールされます。

かんたんスマホは2018年8月9日に発売された初心者向けスマホ。ボタンを押すだけで専用のカスタマーセンターへの問い合わせや、専任のオペレーターに無料で直接相談できる「押すだけサポート」や、使いやすいUI設計、60歳以上国内通話0円という3つの特徴があります。端末価格は税込み6万156円です。

60歳以上の新規加入とMNPにおいてワイモバイルは、対前年比で151%が加入し、3キャリアを含めた統計では全体の22%を占めシェアNo.1を獲得したそうです。


Engadget'

▲発表会ではかんたんスマホの新色「シルバー」が発表されました。3月7日に発売予定です



Engadget'

今回発表された「迷惑電話対策」アプリは、振り込め詐欺や悪質なセールスからの電話やSMSを自動でブロックします。トビラシステムズが提供する機能で、警視庁と28都道府県と連携して提供されたデータと、利用者から受けっ取った7億件以上のデータ元にしています。迷惑電話リスト件数は2018年12月時点で4万504件となっています。

不明な番号からは電話を受けないことが一番有効なリスク回避方法ですが、不明な番号だとしても病院の予約や宅配業者からの不在電話など受け取らなければならないシーンがあります。「迷惑電話対策」アプリを利用しているかんたんスマホでは、公共機関や企業からの着信時にはその公共機関名や企業名を自動表示するので安心して電話を受けれます。

Engadget'
▲迷惑電話に対して着信した際に警告表示するか、そもそもの着信を拒否するかを設定できます


今回発表された「迷惑電話対策」アプリ機能がユーザーや家族にとって、ガラケーからスマホに移行するひと押しとなるかもしれませんね。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Softbank
関連キーワード: android, kyocera, smartphone, softbank, Y!mobile
88シェア
0
63
0
25

Sponsored Contents