Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO AR展望台イベント開催、ホロレンズで実物大ポケモンが出現。2月23日から

東京シティビュー入場料は大人1800円

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年2月20日, 午後03:20 in Niantic
90シェア
28
62
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ポケモンGOの運営ナイアンティックと株式会社ポケモンが、ARで実物大のポケモンが現れるリアル展示「Pokémon GO AR展望台」を実施します。

会場は六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」。ゴーグル型の「ポケモンスコープ」(マイクロソフトのホロレンズ)を着けると、展望台の回廊や窓の外に、10種類を超えるポケモンが実際のサイズでその場に現れたような体験ができます。

またホロレンズとは別に、手持ちのポケモンとARで記念撮影できる専用ブースも用意します。

Pokemon GO

「ポケモンGO AR展望台」概要 (アートイベントMAT内展示)

日時
2019年2月23日(土)から3月3日(日)まで。朝10時~夜22時

場所
六本木ヒルズ 森タワー52階 東京シティビュー

料金・体験方法
無料。ただし東京シティビュー入場料が必要。一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生1200円、子供(~中学生) 600円
チケットや予約等はなし。混雑時は整理券対応

内容
・ゴーグル型の「ポケモンスコープ」をかぶると、ARで10種以上のポケモンがその場に居るように見える体験。
・手持ちのポケモンとAR写真撮影ができるブース

今回の「ポケモンGO AR展望台」は、六本木ヒルズで開催されるアートイベント Media Ambition Tokyo (MAT)内の展示のひとつという位置づけ。ポケモンGOのナイアンティックと株式会社ポケモン、ポケモンGO公式パートナーであるソフトバンクの共同制作で、ホロレンズアプリ「ポケモンスコープ」はTHINK AND SENSE が開発しました。

ポケモンGOの関連イベントではありますが、ゲーム内で特別なポケモンが現れるなど、ポケモンGOと連動した企画はありません

Pokémon GO AR展望台 | Media Ambition Tokyo




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon go, pokemongo
90シェア
28
62
0

Sponsored Contents