Sponsored Contents

paymentの最新記事

Image credit:
Save

​​​​​​​メルペイなどが対応、JCBがコード決済基盤「Smart Code」を発表_ブランドは違えど方式は統一へ

策定されるQRコードの統一技術仕様にも対応予定

田沢梓門, @samebbq
2019年2月20日, 午後04:38 in Payment
227シェア
54
106
0
67

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

JCBは2月20日、キャッシュレス推進協議会の規格に準拠したQRコード・バーコード決済基盤「Smart Code」を発表しました。今春から提供を開始予定です。

Smart Codeでの利用法はスマホに表示したコードを店舗の端末が読み取って決済する方式です。Smart Codeでのバーコードの表示は、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が公表した「コード決済に関する統一技術仕様ガイドラインCPM」に準拠しています。今後策定されるQRコードの統一技術仕様も、 公表され次第対応する予定です。

また、共通のロゴを策定して決済時には各決済事業者のサービスブランドと共通ロゴを表示予定。代表画像はそのイメージ図で、SuicaやPASMOのようにブランドは違えど方式は共通である交通系ICカードのようなかたちで認知を広めて行きたいとしています。

同日2月20日に、メルカリは春頃からスマホ決済サービス「メルペイ」がSmart Codeサポートする加盟店でも利用可能となると発表しました。

Engadget

〇〇Payといったコード決済事業者がSmart Codeに対応するメリットとしては。従来であれば、加盟店を増やす際に、 加盟店契約を締結し、 都度導入開発しなくてはいけませんでした。しかし、Smart Codeへ参画することで全てのSmart Code加盟店で、 個別の契約・導入開発せずに利用開始できます。セキュリティの面ではJCBのノウハウの恩恵を受けることができ、問題点などを各決済事業者と共有できるというメリットもありあます。


Engadget
▲JCB加盟店舗のPOSや読み取り端末にQRコードを表示したスマホ画面をかざすことで支払えます

JCBの加盟店舗は全世界で3000万店舗です。この加盟店舗に現在Smart Codeでの決済対応についての商談中とのこと。春頃のローンチ時の対応店舗数や、メルペイ以外にも提携する決済業者が発表されるかに注目したいです。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: payment
227シェア
54
106
0
67

Sponsored Contents