Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

モジュラー式の新Mac Proは6月のWWDCで発表?純正31インチ6Kモニタとともにお披露目か

プロのニーズに耳を傾けて開発しているとのこと

Kiyoshi Tane
2019年2月22日, 午前10:30 in apple
96シェア
10
86
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
Reuters

アップルが完全新設計のMac Proを、今年6月に開催が予測される開発者会議「WWDC 2019」にて発表される可能性があるとの噂が報じられています。

米Bloombergの情報筋によると、アップル社内では「ハイエンドMac Proの新バージョンのプレビューを検討してる」とのことです。

2013年に登場した円筒形モデルの後継機となる新Mac Proは、すでにアップルが公式に予告済み。2017年4月に前モデルが設計段階で技術トレンドを読み誤ったことを認め、アップグレード性を重視したモジュール式の設計になるとされていました

モジュール式とは、ユーザー自身がCPUやGPUといった内部パーツを換装できる仕組み。Windowsなどの自作PCではお馴染みのものですが、アップルにとってもユーザーにとっても最新技術について行きやすいようにする配慮とのことです。

当初は2018年以降とされていましたが、後にMacハードウェア製品マーケティング担当幹部のTom Boger氏が「2019年製品です」と米TechCrunchのインタビューにてコメント。そして数日前、有名アナリストMing-Chi Kuo氏が2019年内と予測していました。

上記インタビューでBoger氏は、プロ向けハードに特化した部門「Pro Workflow Team」を結成したことを公表。ハードとソフトに密接に関わる様々なプロのニーズを知るために顧客と関わる必要を認識した上で、受賞歴のあるアーティストや技術者をフルタイムで雇用し、プロユーザーの間で欲求不満と摩擦を引き起こす可能性のある点を洗い出していると述べていました。

Kuo氏はアップル純正の31インチ6Kモニタも予測していましたが、Pro Workflow Teamは「今後登場するプロ向けディスプレイ」にも焦点を当てるとされていました。新Mac Proとともに、新生アップル純正ディスプレイもWWDC 2019でお披露目されるのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bloomberg
関連キーワード: 6k, apple, AppleRumor, display, mac, mac pro
96シェア
10
86
0

Sponsored Contents