Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

シャオミの「Mi 9」はトリプルカメラ搭載の高コスパ・フラッグシップスマホ

スケスケモデルもあるよ

42シェア
0
42
0
0

連載

注目記事



中国シャオミは新型スマートフォン「Mi 9」を発表しました。Mi 9は、トリプルカメラと米クアルコムの新型プロセッサ「Snapdragon 855」、6〜8GBのRAMを搭載したフラッグシップ端末。また、新しい「ゲーム・ターボ・モード」では、パフォーマンスを向上させディスプレイ表示を調整することで、他社の「980スマートフォン」より高いフレームレートを実現したとして、中国ファーウェイを牽制しています。

Xiaomi Mi 9

Mi 9の背面に搭載されたトリプルカメラは、メインが4800万画素/f値1.75でレーザー・オートフォーカスを搭載。こちらに1200万画素の望遠カメラと1600万画素の超広角カメラが組み合わされ、周囲117度の撮影から4cmまでのマクロ撮影までが可能です。さらにAI(人工知能)機能により、広角撮影時の歪みも自動補正されます。

Xiaomi Mi 9

「ムーン・モード」では、上画像のように月をクリアに撮影できます。詳細は不明ですが、おそらくは遠くにある明るい物体を、すばやく適正な露出に調整して撮影できる機能だと考えられます。

6.39インチ/FHD+解像度の有機ELディスプレイ上部の水滴型ノッチには、2000万画素カメラを搭載。ディスプレイと本体の面積比は90.7%に達します。また、ディスプレイ指紋認証機能やNFC通信機能、赤外線による家電のコントロール機能を搭載。さらにスピーカーユニットの改善により、「Mi 8」よりも再生可能な音量が向上しています。

Xiaomi Mi 9

搭載した3300mAhバッテリーは60分以内でフル充電が可能。20Wの高速ワイヤレス充電機能は、iPhoneはいうまでもなく韓国サムスンやファーウェイの15Wワイヤレス充電をも凌駕しています。さらにワイヤレス充電でも、有線接続と比べてフル充電までの時間が30分しか伸びないのです。また、15ドルのワイヤレス充電器や22ドルの1万mAhモバイルバッテリー、25ドルの車載用ワイヤレス充電クレードルも同時発表されています。

Xiaomi Mi 9

Mi 9では限定モデルとして、トランスパレント(透明)エディションも登場。こちらは、ハリウッド版「銃夢」こと「Alita: Battle Angel」とコラボレーションしたモデルです。カメラはレンズが1枚増やされ、f1.47の明るい絞り値を実現。さらに、RAM容量も12GBに増強されています。

Xiaomi Mi 9

さらにイベントでは、より小型で廉価なスマートフォン「Mi 9 SE」も発表されました。こちらは5.97インチの有機ELディスプレイを搭載し、背面には標準4800万画素+望遠800万画素+広角1300万画素のトリプルカメラを搭載。フロントカメラは2000万画素となっています。搭載プロセッサはSnapdragon 712で、こちらもディスプレイ指紋認証機能や赤外線通信機能を搭載しています。

Mi 9の販売価格は、6GB RAMと128GBストレージモデルが2999元(約5万円)、8GB RAMモデルは3299元(約5万5000円)、トランスパレント・エディションは3999元(約6万6000円)となっています。ベーシックモデルはすでに予約を開始しており、2月26日に出荷予定。トランスパレント・エディションとMi 9 SEの発売時期は発表されていません。製品はまず中国向けに販売され、その後はヨーロッパに販路が広げられるものと思われます。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

42シェア
0
42
0
0

Sponsored Contents