Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

TwitterがiOS用ベータ版アプリ「twttr」プログラム参加者を募集。返信を見やすくスレッド表示

twttrとはまた懐かしい名前

Kiyoshi Tane
2019年2月21日, 午後04:30 in internet
193シェア
15
120
0
58

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
Chesnot via Getty Images

Twitterは、新たなインターフェースを備えたベータ版アプリ「twttr」を試用できるプログラムを発表しました。今回はiOS版のみが対象とされています。

すでに日本語でもプログラム申し込みフォームは開設済み。ベータ版で利用するユーザー名、ふだんTwitterを試用している端末や読み書きできる第1言語、居住している国や地域を答えるアンケートが用意されており、個人情報はTwitterのポリシーに則って取り扱われるとのこと。

申し込み後、数週間以内にアプリのステータス更新を知らせるメールが届いてから利用できると告知されています。


Twitter広報のリリースによれば、ベータ版プログラムは返信のための新しいデザインと操作感は、より簡単に会話をフォロー可能。Twitter上で起きている会話を「より親しみのあるチャットのような感覚で会話できるよう」返信アイコンを円形のデザインにして、どのような会話が行われているかを容易にわかるように視認性を向上したとのことです。

これは2018年9月に、Twitterプロダクトマネージャーの1人であるSara Haiderが紹介していたプロトタイプ版と同じものと思われます。返信ツイートは角の丸まったデザインで、元の発言にぶら下がる形となり、いわゆるスレッド表示となっています。
海外テックメディアThe Vergeによれば、Twitterの意図は「会話を友人同士のやり取りのように見せ、友好的な方法で参加を促して会話をより心地よくする」とされていました。

ちなみにベータ版アプリの名前「twttr」は、Twitterが立ち上げられた頃の最初期の名称です。2006年3月22日、ジャック・ドーシーCEOによるTwitter史上最古の投稿でもその名が確認できます。
ベータ版の名前が象徴しているユーザーが少なかったあの頃のように、Twitterが和やかな場に戻ることを祈りたいものです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

193シェア
15
120
0
58

Sponsored Contents