Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

Vivo V15 Proは3200万画素ポップアップカメラを搭載したスマートフォン

カメラ画素数がアップしています

44シェア
0
28
0
16

連載

注目記事



中国Vivoは、ポップアップカメラを搭載したスマートフォン「V15 Pro」を発表しました。以前投入されたポップアップカメラスマートフォン「NEX」から、フロントカメラの解像度が800万画素から3200万画素へと向上しているのが特徴です。

V15 Proのカメラシステムに目を向けると、背面のトリプルカメラには4800万画素センサーがおごられています。なお、普段は3200万画素のフロントカメラは800万画素、リアの4800万画素カメラは1200万画素の明るいセンサーとして動作するのです。しかし、もし高解像度の写真を撮影したい場合には切り替えが可能です。また、その他のリアカメラは800万画素の超広角カメラ、500万画素の深度センサーとなっています。

V15 Proは6.4インチの有機ELディスプレイを搭載し、ディスプレイ指紋認証センサーも第5世代のものに進化しています。プロセッサは8コアのSnapdragon 675 AIEで、8GBのRAMと128GBの内蔵ストレージを搭載。バッテリー容量は3700mAhで、microSDスロットも搭載しています。OSはAndroid 9 Pieをカスタムした「Funtouch OS 9」を採用。高速充電にも対応しているのですが、奇妙なことに外部ポートはUSB Type-CではなくmicroUSBとなっています。

V15 Proはインド市場向けに、2万8990ルピー(約4万5000円)で近日発売予定。これまでもポップアップカメラスマートフォンの「NEX」や、デュアルスクリーン搭載スマートフォン「NEX デュアルディスプレイ・エディション」を投入し、さらに外部ポートのない端末のコンセプト「Zero」を発表した、Vivoの今後のチャレンジを見守りたいものです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, smartphone, V15 pro, vivo
44シェア
0
28
0
16

Sponsored Contents