Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ARMベースのMacが2020年に登場?インテル関係者が予測しているとのうわさ

発熱せずに速いMacをお願いします

Kiyoshi Tane
2019年2月23日, 午前06:00 in apple
84シェア
0
61
0
23

連載

注目記事

ARM

インテルの関係者が、アップルが2020年からMacのプロセッサを自社開発チップに移行することを予想しているとの噂が報じられています。

米ニュースメディアAxiosによると、開発者とインテル関係者は、2020年にはアップルがMac製品でカスタムARMベースのチップを採用する動きがあると示唆したとのこと。先日Bloombergが報道した、iPhone、iPad、Macのアプリを統合する計画と関係があるとされています。

アップルがMacのプロセッサをインテル製チップから自社開発チップにシフトするとの噂は、これまでも何度か報じられていました。2018年4月、Bloombergはそれが2020年の早い時期と予測。コード名「Kalamata」は開発の初期段階にあり、「Mac、iPhone、iPadを含む全てのデバイスをシームレスに機能させるためのより大きな戦略の一部」としていました。

アップル関連の有名アナリストMing-Chi Kuo氏も、Macのプロセッサが2020年~2021年にかけて独自設計のARMベースに移行すると予想。その製造を担当するのは、iPhoneの中核部分であるA12 BionicなどのAシリーズを独占供給しているTSMCだと述べています。

そしてBloombergは先日、アップルが2021年までに段階的にiPhone、iPad、Mac上で動作する単一のアプリケーションを作成する方法を開発者に提供する計画があると報道。その一環として、同社が一部Macのプロセッサを(iPhoneのAシリーズと同じくカスタムARMベースの)自社チップに移行するとの予測を伝えていました

Axiosは、それはインテルが重要な顧客を失うことを意味するとしつつ、アップルにとっても移行への道は平坦ではないとコメント。「開発者にとっては、新旧のMacハード上で、新旧のアプリをサポートするのにやっかいな時間が掛かるだろう」としています。

そうした困難は予想されながらも、Kuo氏はアップルが独自設計チップを採用する理由の1つとして「Macの設計と製造を全般的にコントロールでき、出荷スケジュールを調整できる」ことを挙げていました。米アップル関連情報サイトMacRumorsも、インテル製チップの開発遅延がMacのアップデートを遅らせてきたことを指摘し、ARMベースチップへの移行でインテルのリリースサイクルに縛られなくなると分析しています。

アップルは25年ものMacの歴史の中で、モトローラ製チップからPowerPCプロセッサ、そしてインテル製プロセッサに切り替えられてきた経緯があります。当時もアプリの互換性にはかなりの影響がありましたが、実際に移行は断行されてきたわけです。

iPad Pro(2018)に採用されたA12X Bionicプロセッサは、アップルいわく「市場の92%のノートPCよりも速い」とされ、実際に最新MacBook Proに肉薄するベンチマーク結果を叩き出していました。山あり谷ありの移行期間を乗り越えた先には、向上した処理能力と低消費電力を兼ねそなえた理想のMacが待っているのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: Axios
関連キーワード: a12bionic, apple, AppleRumor, arm, intel, ipad, iphone, mac, MacOs
84シェア
0
61
0
23

Sponsored Contents