Sponsored Contents

alibabaの最新記事

Image credit:
Save

アップルが中国でiPhoneの無金利分割払いキャンペーン開始。アリババ傘下の金融会社と提携

やはりiPhoneなくしてサービス事業なし?

Kiyoshi Tane
2019年2月24日, 午前11:30 in Alibaba
36シェア
5
31,"likes":16
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
Bloomberg via Getty Image

アップルが中国で低迷しているiPhone販売をテコ入れすべく、現地に顧客に利息ゼロの分割払いローンを提供すると報じられています。

米Reutersによれば、同社はアリババグループ傘下の金融会社アント・フィナンシャルサービスグループやその他の地元銀行と提携したとのこと。アップルの中国公式サイトでは、すでに4000元(約6万6000円)以上の商品を購入するユーザーは最大24回(2年間)の無金利分割払いが利用できると告知されています。

2019年の1月初め、アップルは売上高予測を大幅に下方修正し、主な原因の1つを中華圏での大幅な売上減少であると発表。そして2月、ティム・クックCEOはその一因が人民元の切り下げによる実質的な値上がりにあるとして、iPhone価格を引き下げた(人民元切り下げ前と同じ価格水準に戻した)ことを認めていました

すでにアップルの中国向けサイトでは分割払い無金利キャンペーン(期間限定)は実施されており、iPhone XRの場合は毎月271元(約4470円)、iPhone XSでは毎月362元(約6000円)から購入が可能。iPhone 6~iPhone Xまでの旧モデルを下取りに出せば、より月々の支払が安くなるプログラムも用意されています。

こうした無金利分割払いのショッピングローンは、地元の金融機関と提携してこそ可能となるものです。日本の場合は株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が協力していますが、アップルは中国でも同様の提携先を見つけたわけです。

アップルとアント・フィナンシャルは、この件についてのコメントを控えたとのことです。

さらにRetuersによると、中国の家電小売大手のいくつかは、最近iPhoneを大幅に値下げしたと伝えられています。きたる3月25日には「ニュース版Netflix」や動画ストリーミングサービスを発表すると噂され、「iPhoneからサービスへ」を目指して組織再編中と見られているアップルですが、やはりサービス事業を展開する前提としてiPhoneのシェア拡大は必須かもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Reuters
関連キーワード: alibaba, apple, china, iphone, iPhoneXr, iphonexs
36シェア
5
31,"likes":16
0

Sponsored Contents