Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

OPPO、「10倍ズーム」カメラスマホを春発売。日本でも投入へ──ただし技術はこれから? #MWC2019

新製品の発表ではなく技術の発表でした

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年2月23日, 午後11:36 in Android
161シェア
0
157
0
4

連載

注目記事


OPPOは、スペイン・バルセロナにて開催される世界最大のモバイル展示会「MWC 2019」にあわせ、投入予定の新製品を紹介するイベントを開催しました。

予告されていた「10倍ロスレスズーム」搭載のスマートフォンは、2019年Q2(4~6月)の発売と案内されました。OPPO Japanの担当者は、日本でも同時期に発売するとしています。ただし、新たに登場するスマートフォンの仕様やデザインはおろか、製品名も明らかにされませんでした。

OPPO

OPPOが開発に取り組む「10倍ロスレスズーム」は、3つのカメラによって16mm~160mmの画角を実現。3つのカメラの画像を合成することでシームレスな『10倍ズーム』を実現すると謳うもの。発表では、4000万画素センサーのメインレンズと画角16mmの超広角レンズ、160mmのテレコンレンズの3つを装備していると紹介されています。

OPPO
OPPO
OPPO

発表会後には『10倍ズーム』の技術デモンストレーションを実施。最大20倍までのデジタルズームが行える実機が展示されていました。OPPOが主張する通り、1倍から10倍までスムーズにズームできるようになっていたものの、特に望遠域についてはピントが合いづらく、ピント手前にある物体が不自然なブレ方をするという現象がみられました。また、8倍前後を境に映像のコントラストが変わることで、メインのカメラが切り替わったことが分かるようになっています。OPPOの担当者いわく「10倍ズームの技術はまだ調整が必要」とのことで、少なくとも現状では「シームレスな10倍ロスレスズーム」という同社のうたい文句通りにはなっていないようです。


OPPO
OPPO
OPPO
▲デモ機は発売済みのR11sがベースとなっているもよう。画像が荒れますが20倍までのズームが可能でした。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Android, camera, mwc19, mwc2019, OPPO, smartphone, zoom
161シェア
0
157
0
4

Sponsored Contents