Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

LG、5Gスマホ「V50 ThinQ」発表。『ケース装着で2画面化』という斬新なアプローチ #MWC19

意表を突かれました

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年2月25日, 午前06:30 in #MWC2019
246シェア
23
223
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


LGは5Gスマホ「V50 ThniQ」を発表しました。競合となるサムスンやファーウェイが「フォルダブル」(折りたたみディスプレイ)の新スマホを発表するなか、LGはV50 ThinQは「2画面化」という隠し玉を放ってきました。

LGはV50 ThinQで次世代のモバイル通信「5G」をサポートするAndroidスマートフォン。数少ない5G対応チップセットであるクアルコムの「Snapdragon 855」を搭載するノッチ付きスマホという点では、他社と横並びな状況とも言えます。開発に当たっては米携帯キャリアのスプリントとタッグを組み、米国ではスプリント向けに優先的に供給されます。また、韓国やスイスなど、5Gが先行展開される国で販売されます。

LG V50 ThinQ

V50 ThinQがユニークなのは2画面化ケース「LG Dual Screen」を用意した点。これはケースでありながら、2枚目の画面を追加してしまうという代物です。2画面はAndroid標準のデュアルディスプレイ機能を使えるほか、LG独自の機能も用意されています。

たとえばカメラでは、3つの画角を切り替えて表示したり、カメラの映像を2画面目に映して、高解像度なアウトカメラでセルフィー(自分撮り)を撮ったりといった用途に使えます。また、ゲーム用途では2画面目に表示する仮想ゲームパッドを用意。アーケード風のジョイスティックやレースゲーム用のハンドルコントローラーなど、5種類の操作パネルを表示できます。

LG V50 ThinQ

LG Dual Screenはスマートフォンからのバッテリー供給で動作するため、外部電源の接続は不要。装着すると、スマホ背面の下部にある接点から給電されるようです。

本体のディスプレイは縦長19.5:9で、QHD+解像度(3120×1440ドット)のノッチ付き。DualScreenは解像度がフルHD+(2160×1080ドット)でノッチ無しになっています。

背面カメラはトリプルカメラで広角、標準画角、望遠という3つ画角で切り替えが可能です。チップセットはSnapdragon 855で、Snapdragon X50 5Gモデムを搭載。メモリは6GBでストレージは128GBを装備します。バッテリー容量は4000mAhです。本体の大きさは159.2×76.1×8.3mmで、重さは183g。Dual Screenケースは重さ131gで、装着すると341gになります。
LG V50 ThinQ
LG V50 ThinQ



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Android, LG, Mobile, mwc19, mwc2019, Smartphone
246シェア
23
223
0

Sponsored Contents