Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

続々登場の5Gスマホ、『日本は蚊帳の外』の残念度 免許の割当すら決まっておらず(石川温)

世界中で今年5Gがスタートするが

石川温
2019年2月26日, 午前11:00 in mobile
594シェア
0
594
0
0

連載

注目記事


2月20日(米国時間)、サムスン電子は世界初となる5G対応スマホ「Galaxy S10 5G」を発表した。発表会の冒頭に紹介された、折りたためるスマホ「Galaxy Fold」も気になるが、やはり今年は5G元年であるだけに、「Galasy S10 5Gこそ買って使ってみたい」という気になっている。

同時に、Galaxy S10 5Gを採用するキャリアとして、アメリカのベライゾン、AT&T、T-Mobile、スプリント、韓国のKT、LG U+、SKテレコム、オーストラリアのテレストラ、ヨーロッパのドイツテレコム、EE、Orange、Sunrise、スイステレコム、TIM、テレフォニカ、ボーダフォンなどが紹介されたが、残念ながら、日本のキャリアのロゴを発見することはできなかった。

アメリカや韓国、ヨーロッパにおいては、今年中に5Gがスタートする計画だ。そのため、各キャリアでは5Gの第一号機としてGalaxy S10 5Gを採用するようだ。

もちろん、中国でも5Gがスタートする見込みだが、中国であれば、ファーウェイなどの中国メーカーが採用される可能性が高い。

日本では免許の割当すら決まっていない

今回のサムスン電子の発表会ほど「日本市場が歯がゆくて悔しい」と思ったことはない。

日本では、5Gの免許の割り当てすら現状、決まっていない。いまのところ、キャリアに対しての周波数の割り当ては4月10日が予定されている。割り当てが決まり、実際にキャリアが基地局を建て、プレサービスが始まるのが、9月に日本で開催されるラグビーのワールドカップの頃とされている。おそらく、そのタイミングで、各キャリアでGalaxy S10 5Gがプレサービス用端末として、ワードカップ会場周辺で貸し出されるのだろう。プレサービスなだけに購入できる可能性はあまり高くない。

日本で5Gスマホを購入できるのは、本格的な商用サービスが開始される、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのころまで待たないといけない。

しかし、その頃には、Galaxy S10 5Gの後継機種が出ていて、きっと「Galaxy S11 5G」とかになっているのではないだろうか。それまで、日本で5Gスマホを待ち続ける日々を送ると思うと辛くて仕方ない。

渡米して5Gスマホを買いに行くことも検討

ちょっと検討を始めているのが「アメリカに5Gスマホを買いに行く」という計画だ。幸いにも、筆者はアメリカでポストベイドスマホの契約を持っている。

2007年にAT&Tが世界で初めてiPhoneを発売した初日にハワイに買いに行って、最初はプリペイドだったが、その後、ポストペイド契約に変更。2011年にベライゾンが世界初のCDMA対応のiPhoneを発売した時に、同じくハワイに行って、AT&TからベライゾンにMNPした。

さらに、グーグルがMVNOサービス「Project Fi(現Google Fi)」を始めた時は、オンラインで、ベライゾンからProject FiにMNPしたのだった。

今年、ベライゾンがGalaxy S10 5Gを発売するタイミングで渡米し、Google FiからベライゾンにMNPしようかと思っている。

サムスン電子の発表会ではベライゾンのCEOである、Hans Vestberg氏が意気揚々とTシャツ姿で登壇してきたので「ベライゾンはアメリカで最初にGalaxy S10 5Gを発売するようだが、いつが発売日なのか」を目を皿のようにして注視していたのだが、結局、発売日や価格などが明らかにされることはなかった。

Hans Vestberg氏は1月にラスベガスで開催されたCESでも基調講演に登壇していたのだが、このときも、ベライゾンがいつ、5Gの本格サービスを開始するかの言及はしなかった(ちなみにベライゾンは5Gを家庭向けの通信サービスとしてはすでに提供済み)。

果たして、ベライゾンは今年前半のいつ、5Gをスタートさせ、Galaxy S10 5Gを発売するのか。5Gの28GHzともなると、あまり電波が飛ばないので、国土の広いアメリカではエリア展開に苦労しているのかもしれない。そのため、なかなか、サービス開始日を告知できない可能性も高い。

山根博士よりも先にGalaxy S10 5Gを手に入れて、悔しがる顔を見たい」ということもあり、ベライゾンの5Gスタート日が気になって仕方ないのだ。


Engadgetは、米Verizonの事業部門Verizon Mediaが運営するデジタルメディアの一つですが、管理及び編集を行う完全な権限は、米Verizonから独立しEngadgetに帰属しております



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 5g, cellphones, galaxys105g, mobile, smartphone
594シェア
0
594
0
0

Sponsored Contents