Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Nintendo SwitchにAndroid Qを移植成功?Webブラウザなどを操作する動画が公開

わずか2週間弱でよくぞここまで

Kiyoshi Tane
2019年2月25日, 午後02:00 in Android
212シェア
0
212
0
0

連載

注目記事


Nintendo Switchをハックする様々な試みが伝えられているなか、次期Android「Q」の初期ビルドを移植して動作させることに成功したとする動画が公開されています。

スイッチに搭載されたプロセッサTegra X1は、ARMの64bit CPUオクタコアとNVIDIAのMaxwell GPUという構成。つまり「強力なARMベースのタブレット」としてAndroid移植も可能と予想されていましたが、大きな一歩が踏み出されたようです。

ことの始まりは、2月12日にスイッチ用のRetroArch(複数ゲームハードのエミュレータを一つに統合したフリーソフト)移植に参加している開発者natinusala氏がTwitterに投稿した、スイッチでAndroidを起動しようとしている1枚の写真から。当時はロゴ表示が精一杯で、先は長いと見られていました。


それから、わずか2週間弱。開発者のMax Keller氏はBilly Laws氏と共同で作業した成果として、Android Qが動作しているスイッチのビデオを公開したしだいです。
このAndroid移植版では、フレームバッファ出力もタッチスクリーンも正常に機能しており、設定画面ではWi-FiとBluetoothがサポートされていることや、「Android Q」のOSバージョンも確認できます。

Wi-Fiが有効である証拠としてWebブラウザもGoogleにアクセスできており、Bボタンで前画面に戻っていることからJoy-Con機能サポートもうかがえます(他のボタンやジョイスティックは不明)。

もっとも、Max Keller氏によればGPUアクセラレーションは機能していないため(適切なGPUドライバがない)、パフォーマンスはそれほど良くないとのこと。まだオーディオ出力やUSBポートもサポートされておらず、完成に至るまでにはクリアすべき課題が多いようです。

しかし、完成したあかつきには、幅広い応用範囲が想定できるはず。制約の少ないWebブラウザやSNSアプリ、何よりAndroidアプリを操作性にすぐれたJoy-Conで遊べるようになるなど。

改造されたスイッチは任天堂サーバーを利用できなくなる可能性もありますが、「ゲームを遊びやすく設計された任天堂ハードと膨大な量のAndroidアプリ」という組み合わせはとても魅力的です。著作権などを侵害せず合法的に楽しむ用途として、2台目のスイッチが欲しくなるかもしれません。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

212シェア
0
212
0
0

Sponsored Contents