Sponsored Contents

Robotsの最新記事

Image credit:
Save

カラシニコフ「小さな部隊向け」特攻ドローンKUB-UAV発表。操縦しやすく安価、爆薬3kg搭載可能

どこへ売るのか

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年2月27日, 午後12:40 in Robots
225シェア
54
171
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
ロシアの銃器メーカー、カラシニコフがおよそ3kgの爆薬を搭載可能な飛行機型ドローンKUB-UAVを開発しました。このドローンは最高130km/hで約30分間飛行することが可能。ただの偵察ドローンでなく、標的に突っ込み爆発させることもその用途に想定されている模様です。

KUB-UAVの価格は明示されていないものの、それはかなり安価に製造可能であり操縦もしやすくできていると説明します。Washington Postによれば、それはかなり高速かつ正確に飛ばすことができ、テロリストが作る爆弾搭載ドローンの倍の破壊力を供給できるとのこと。

カラシニコフは、このドローンを「小規模軍隊」に販売したいと考えているものの、それはもしかしてゲリラやテロリスト勢力という可能性もあるのではないかという気もしないでもありません。

イリノイ大学国際関係論教授でドローンとテロに関する本の著者でもあるニコラス・グロスマン氏は「このドローンはいわゆる"スマートボム"を普及させることになるだろう」と指摘し「巨大でなおかつ統制される軍隊と、それに対するより小さな組織の距離を縮めるものだ」としました。


2018年8月にはベネズエラ大統領が演説中にドローンが接近し爆発、大統領に怪我はなかったものの兵士7人が負傷する事件がありました。また2019年1月にはシリアのロシア軍本拠地に13機もの「手作り」ドローンが爆撃を仕掛けたという事例もありました。

また軍事目的ではないにせよ各国の空港では不審なドローンが接近するたびに離発着が一時中止されるなど大きな問題になりつつあり、被害の多い空港ではドローン無効化システムの開発導入を余儀なくされています。

ドローン技術の発達はわれわれの生活を豊かにする面もあるものの、軍事目的でも攻撃、防衛の開発合戦が始まりつつあるようです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

225シェア
54
171
0

Sponsored Contents