Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2月28日のできごとは「FM TOWNS 発売」「U3014 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年2月28日, 午前05:30 in today
45シェア
0
13
0
32

連載

注目記事

1989年:CD-ROMドライブを標準装備したマルチメディアパソコン「FM TOWNS」

today
個人向けのPCとしてはNECのPC-98シリーズ、ホビー向けにはシャープのX68000が人気を集めていた時代に登場した、マルチメディア対応パソコンが「FM TOWNS」。標準でCD-ROMドライブを搭載し、さらにCPUは32bitのインテルi386シリーズを採用、スプライト機能を含む強力なグラフィック、FM音源6音とPCM音源8音源搭載のサウンドなど、ホビー用として魅力的な機能が凝縮された新シリーズとして登場しました。

CD-ROMドライブもそうですが、本体で特徴的なのが、天面に格納式のハンドルがついていたこと。移動や収納などを考えた仕様だったのでしょうか。

OSは独自のTowns OS。マウスとゲームパッドによる操作が可能で、GUIをメインとした斬新なものでした。CD-ROMから起動すると読み込みで非常に時間がかかり、えらいこと待たされた記憶がありますけどね。

2013年:2560×1600ドット、10億色表示に対応したハイエンド仕様液晶「U3014」

today
2560×1600ドットのアスペクト比16:10で、30インチという大きなAH IPSパネルを採用したデルの液晶ディスプレイが「U3014」。とくに発色にこだわりがあり、内部12bit処理による10億色表示、Adobe RGB 99%、sRGB 100%、CIE1976で120%という広色域モデルです。しかも色補正済みで出荷されるため、フォトレタッチなど正確な色合いで使いたいという場合にもピッタリでした。ここまでハイエンド向けながら、価格は登場時でも11万9980円と比較的安価でした。

その他のスペックは、コントラスト比1000:1、最大輝度350cd/m^2、応答速度6msといったもの。インターフェースはDVI-D、DisplayPort、Mini DisplayPort、HDMI入力を各1つずつ、そしてDisplayPort出力を1つ装備。この出力用のDisplayPortはデイジーチェーン用で、複数のディスプレーを接続する際に利用できました。

ちょっと便利なのが、専用ソフトによる調整機能。ディスプレーのボタンとメニューをいじるのと違い、PC上からマウスで操作できるため、プリセットモードの変更、明るさやコントラストの調整などがやりやすくなっていました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: dell, display, fm towns, fujitsu, today
45シェア
0
13
0
32

Sponsored Contents