Sponsored Contents

airの最新記事

Image credit:
Save

隅のホコリを引き寄せて「全方位清浄」 LGが空気清浄機 PuriCare発売

「PM2.5」も99%除去 スマホ連携も

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年2月28日, 午後04:30 in Air
20シェア
0
20
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


LGエレクトロニクス・ジャパンは、空気清浄機「LG PuriCare(エルジー・プリケア)」を2019年2月28日(木)より販売開始しました。LGエレクトロニクスが日本で空気清浄機を投入するのは初めて。価格はオープンプライスで、予想実売価格は税抜11万9880円前後となります。

本機最大の特徴は「本体前面だけでなく背面まで360度全方向を均等に効率よく清浄できること」です。仕組みとしては、上下2段に配置されたフィルターと、ボディ全体に設けた無数の穴「エアーホール」が、室内の汚れた空気を吸い込みます。

さらに、本体上部に搭載したファンを動かす「シューティングエアー機能」により、綺麗な空気を最大約7.5m先まで届けながら室内を循環させることで、汚れた空気を近くに寄せて清浄します。

花粉や微小粒子物質「PM2.5」も99%除去します。

LG PuriCare
外側のカバーも上部のファンも簡単に取り外しができ、フィルター交換や面倒な掃除も手軽に行えるよう設計されています。

部屋の広さは最大63畳まで対応するため、本体を設置した周囲だけでなく、リビングやキッチンの隅々まで綺麗にすることができ、シューティングエアー機能を使わない時と比べて、23.4%も素早く清浄することが可能です。

LG PuriCare

LGは従来の空気清浄機との違いについても説明。従来機は綺麗な空気を上方向にのみ送り出していたため、床上の汚れた空気を清浄しづらいことに対し、本機では綺麗な空気を下部へと送り出すため「赤ちゃんやペットのいる生活空間においても安心である」とアピールします。

LG PuriCare

本体上部には視認性に優れた「スマートディスプレイ」を搭載。ほこりやニオイの状況を、色とイラストで詳細に確認できます。

スマホアプリ「SmartThinQ」とも連携も可能で、外出先から電源をON/OFFに切り替えたり、清浄する時間も設定管理できます。連携にはネット環境が必要で、アプリはAndroid OS 4.1以上、iOS 9以上のスマホで動作します。

本体サイズは373×1073mm(直径×高さ)、重量は約19.2kg。8畳の部屋を清浄するのにかかる時間は約5分(シューティングエアーモード時)。最大消費電力は67W。運転音は25〜52dBです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

20シェア
0
20
0
0

Sponsored Contents