Sponsored Contents

#MWC19の最新記事

Image credit:
Save

結局、「5G」ってなんなんだ?──MWC19でみた5G元年の実情 #MWC19

とにかく始まってみないことには。

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年3月3日, 午後01:00 in #mwc19
87シェア
0
75
0
12

連載

注目記事



スペイン・バルセロナにて開催された世界最大のモバイル展示会「MWC19 Barcelona」。一番のトピックは「5G」です。

5Gは、3Gや4G LTEの後継となるモバイル通信方式です。2018年に商用サービスをスタートした韓国を皮切りとして、今後世界中の携帯キャリアが導入を予定しています。日本では2019年に3キャリアがプレサービスを開始し、2020年の東京オリンピックにあわせて本サービスが展開される見込みです。

今年2019年には北米やヨーロッパの多くのキャリアが5Gサービスをスタートするとあって、MWC会場を歩くと、至るところに「5G」を目にします。しかし、「5G」で重要なのは通信そのものが進化することではなく、それによって生活がどのように変わるのかという点でしょう。携帯電話キャリア、スマホメーカー、基地局装置メーカーが描く5G時代のビジョンとその現状を探ってみました。

■5Gの特徴は「高速・大容量・低遅延」

まずは、「5G」の通信サービスとしての特徴を見ていきましょう。5Gのモバイル通信としての特徴は「高速」「低遅延」「大容量」の3点に集約されます。

このうち「高速」と「大容量」は分かりやすいでしょう。4G LTEより多くのデータを、高速に送受信できるようになります。たとえば、4Kの高精細な動画を手軽に送れるようになるため、動画を利用するサービスが発展すると見込まれています。

5G
▲ドコモが展示していた遠隔診療の例。同社は遠隔地の医師が専門技術を持つ医師の指南を受けながら執刀する仕組みを開発している

また、「低遅延」という特徴は、何かを遠隔操作したり、リアルタイムに大容量をやり取りしたりする用途にとっては重要な特徴です。たとえばロボットや重機を遠隔操作したり、オンラインゲームや仮想空間上でのボイスチャットをしたりといった利用が見込まれています。

5G
▲ロボットの遠隔操作では、5Gの持つ低遅延性は重要なポイント
5G
▲近未来には、遠隔地の人のホログラムとセッションできるようになるかもしれない(NTTドコモのデモンストレーション)

■スマホはどう変わる?

MWC19ではスマートフォンメーカー各社から5Gスマホが発表されました。このうち、実際に発売される商用端末を発表したのがサムスン、LG、ファーウェイ、ZTE、シャオミなど。ソニーモバイルやOPPOなどのメーカーはプロトタイプ(試作機)やコンセプト端末を展示するのみに留まっています。

5G
▲LGが発表した5Gスマホ「V50 ThniQ」

注目は、MWC会期直前に発表された「Galaxy Fold」(サムスン)と「Mate X」(ファーウェイ)でしょう。この2台はいわゆる「フォルダブル(折りたたみ型)」スマートフォンで、普段は畳んだ状態でスマートフォンサイズで使い、必要な時に広げて大画面で使えるというコンセプトのスマートフォンです。

また、LGが発表した「V50 ThinQ」では、オプション品のケースに画面を備え、装着すると2画面スマホとして使えるというギミックを持たせています。

これらの機種が立て続けに登場した背景には、スマホメーカー各社の「5Gでは大画面での利用が増える」という公算があります。スマホで高画質な動画を再生したり、ゲームをしながらSNSを使いやすくなったりすれば、より大きな画面で使いたいというユーザーが増えるだろう、ということです。

5G
▲サムスン、ファーウェイから立て続けに発表されたフォルダブルスマホは、5Gで増える大画面需要を当て込んだもの

そのほか、OPPOでは5Gサービスの開始にあわせて「ゲームストリーミング」サービスを提供すると発表しています。また、ソニーが発表した「Xperia 1」は縦長なディスプレイで映画コンテンツを楽しめるスマートフォンとなっています。Xperia 1については5G非対応する機種ですが、映像コンテンツへのニーズが増える5G時代を見据えているのは間違いないでしょう。

5G
▲Xperia 1は4G LTEスマホだが、映像視聴に力点という点では5G時代に対する準備とも受け取れる

■まずは家庭用ルーターから

ただし、5Gでは普及当初、エリアが限られた展開になることが予想されています。また、5Gで新たに使われる「ミリ波帯」は大容量な通信ができるものの、移動しながらの利用には不向きな性質もあります。そのため、スマートフォンでまともに使えるかどうかは未知数です。

導入当初の有望な用途として、固定回線代わりの利用があります。5Gでは現在の光回線と同等以上の通信速度(1Gbps)も実現できます。据え置き型の5Gルーターであれば、移動しないため速度が出しやすく、たとえ展開エリアが限定的でも家の中で通信が入れば不便はありません。

5G
▲家庭用5Gルーターでは、HTCやファーウェイが製品を発表している

■4Gからの移行はスムーズ?

「5Gは導入当初エリアが狭い」と聞くと、移行期間は不便になるようにも思えますが、実際にはそうでもないかもしれません。実は、4GLTEから5Gへの移行は、3Gから4Gへの移行よりスムーズに進む可能性が高いとみられています。

というのも、「5G」は4G LTEの技術を発展させたものにつけた名前に過ぎないから。多くの仕様で共通する部分があります。たとえば、5Gへの移行の1つのハードルとなる通信の基幹部分「コアネットワーク」では、機器などが5G向けに移し替えられますが、5G向けの基盤の上に4G LTEの互換機能を載せることで、4G LTEのサービスを残しつつ完全な5Gサービスを提供できるようになっています。

5G
▲エリクソンが展示していたコアネットワーク装置の概念図。4G LTEの機能を保ったまま5Gへ緩やかに移行できるという

特に通話部分については、3Gからの移行時よりもスムーズに移行できるようになっています。4G LTEでは、通話中にLTEが圏外になり、3Gに切り替わるエリアでは通話が途切れてしまうという問題がありましたが、5Gの場合、通話中に圏外になっても4G LTEでそのまま通話できます。

また、たとえばエリクソンが製造する基地局アンテナでは、既に出荷されている製品の大部分がソフトウェアの置き換えだけで5Gに対応可能となっており、同社関係者は「エリクソン製の基地局であれば、全国一斉に5Gへ移行することも可能」としています。

5G

■しかし、未だに具体的な形は見えず

ここまでこの記事を読んで、詳しい方なら「数年前から語られていたイメージばかりだな」という感想を抱いたかもしれません。

実際のところ、5Gの具体的なサービスイメージは「5G元年」とされる2019年に入ったにもかかわらず不透明です。

MWC19ではサムスンやLGなど、大手メーカーは5Gの商用端末が発表しているものの、展示では5G通信サービスのデモンストレーションは行われていません。今回発表された5G対応のスマートフォンの発売日はいずれも「数カ月後」とされています。

2019年に5Gサービスを開始する国でも、実際にスマートフォンで5Gサービスが利用できるようになるのは、2019年後半にずれ込む可能性があります。ちなみに、2018年にいち早く商用サービスを開始した韓国では、5Gを利用できるスマートフォンはいまだに発売されていません。

こうした意味でも、5Gの立ち上げは未だに進展しているとは言いがたく、具体的なユースケースも見えてこない状況と言えます。真の『5G元年』は、当初のスケジュール通り2020年まで待たないといけないのかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: #MWC19, 4G LTE, 5G, mobile, MWC 2019
87シェア
0
75
0
12

Sponsored Contents