Sponsored Contents

evの最新記事

Image credit:
Save

スマート、ユニークなルーフを装着した電気自動車「フォーイーズ+」を発表

ただしドアに窓ガラスは入っていません

Hirokazu Kusakabe
2019年3月3日, 午前11:00 in ev
57シェア
0
25
0
32

連載

注目記事


間もなく開幕するジュネーブ・モーターショーに向け、メルセデス・ベンツのシティカー部門となるスマートが新しいコンセプト・モデルを発表しました。「フォーイーズ+(forease+)」と名付けられたこのクルマは、2018年のパリ・モーターショーに出展された「フォーイーズ」(下の画像)に屋根を付けたものです。

先代のフォーイーズは、2人乗り超小型車「フォーツー(fortwo)」の電気自動車バージョンから、屋根や窓を取り除き、おまけにウインドシールド(フロントガラス)を低く切り詰めたクルマでした。万が一の事故で引っ繰り返ってしまった時に乗員を守るシート背後のロールバーも、レーシングカーのようなロールフープに変えられています。

Smart

オープントップの自動車で、開閉式の幌を備えたタイプは「カブリオレ」や「コンバーチブル」と呼ばれ、スマート フォーツーにもシート後方に折り畳めるファブリック製ルーフを備えた「カブリオ」というモデルが存在します。これに対し、空気抵抗と重量を減らすために小さなウインドシールドのみを装着し、ルーフを持たない(あるいは簡便な傘代わりの幌が取り付けられるようになっている)ほとんどレース用のクルマは「スピードスター」と呼ばれることもあります。

フォーイーズはまさにスマートのスピードスターでした。しかし、暖かな陽光の下で乗る分には開放感と気持ちよさは抜群でしょうけれど、雨が降っている時はもちろん、天候が崩れそうな気配があるだけで乗る気になれません。パリではそんな声が聞かれたのでしょうか、スマートのデザイナーとエンジニアは、フォーイーズに取り付けるルーフを新たに設計しました。それがフォーイーズ+です。

Smart

このルーフは一般的な幌のようなフレームを持たず、ハードシェル(材質は未発表)を布地で覆った構造になっています。そのため、軽量で耐久性に優れ、簡単に取り外すことができるとスマートは言いますが、取り外しても車内に収納できるわけではなさそうです。

サイドやリアには相変わらず窓がないので、風は常に吹き抜けていきます。少しの雨なら凌げるでしょうが、雨が強く降ったり、風も吹いたりしてきたら身体が濡れることは避けられません。しかしこれなら雨と並ぶオープンカーの大敵、夏の直射日光は防げます。少なくともフォーイーズより、乗りたくなる日が増えるでしょう。

Smart

もちろん、このクルマはコンセプトカーなので、このまま市販されることはあるわけないと多くの人が思うかもしれません。とはいえ、スマートは過去に屋根も窓もなく、まともなドアさえない「クロスブレード」(下の写真)というモデルを実際に販売した前例があります。

わざわざルーフが考案されたということは、ひょっとしたらまた限定発売するチャンスを、スマートの"中の人"たちは狙っているのかもしれません。クロスブレードには二の足を踏んだ人も、これなら心理的ハードルがぐっと下がることでしょう。

Smart

ボディ・カラーはマットなグレイ、そしてルーフとインテリアに鮮やかなオレンジ色という組み合わせは、「少ないカラーでカラフルなキャラクターを表現」したとのこと。内装はナッパレザーやマイクロファイバーで上質な仕上がりになっています。

ボディの各部が改造され、前後のライトはユニークなLEDに替えられていますが、車体そのものは市販されているスマートの「EQ フォーツー」をそのまま使っています。以前は「エレクトリックドライブ」と呼ばれていたスマートの電気自動車ですが、メルセデス・ベンツが電動車用サブブランド「EQ」を立ち上げたのを機に改名しました。

最高出力60kW(81ps)、最大トルク160Nmを発生する電気モーターと、容量17.6kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載し、航続距離は160km。スマートは2020年までに全モデルを電気自動車にすると宣言しています。このクルマは、電動化されるスマートの未来が決してつまらないものにはならないというメッセージを表す役目も担っているそうです。

Smart

スマートより安くて実用性が高いクルマはたくさんあります。それでもスマートを選ぶ一番の理由は、路上占有面積の小ささや環境性能......ではなく、普通のクルマよりもなんとなく楽しそうに見えること、つまりデザインに現れた遊び心ではないかと、かつて実際にスマートを所有していた筆者は思います。

それは同じように遊び心溢れる腕時計ブランドのスウォッチが、メルセデス・ベンツと共にスマートというブランドを立ち上げた当初から変わっていません。このクルマを見ると、そんなことを改めて考えさせられます。

Gallery: smart forease+ | 16 Photos

16





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

57シェア
0
25
0
32

Sponsored Contents