Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

3月4日のできごとは「PlayStation 2 発売」「HDR-AS50 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年3月4日, 午前05:30 in today
84シェア
3
43
0
38

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

3月4日のおもなできごと

1999年、バンダイが「ワンダースワン」を発売
2000年、SCEが「PlayStation 2」を発売
2011年、ロジクールが「M515」を発売
2016年、ソニーがアクションカム「HDR-AS50」を発売

2000年:PSのゲームはもちろん、DVDビデオ再生もできた人気ゲーム機「PlayStation 2」

today

定価3万9800円とゲーム機としては高価でしたが、DVDドライブを標準装備しDVDビデオ再生が可能だったこともあり、安価な(具体的には半額程度)DVDプレーヤーとしても人気があったのが「PlayStation 2」。PSのゲームがそのまま楽しめるという互換性もあり、人気のゲーム機となったのは周知の事実です。ちなみに発売日は、平成12年3月4日と数字がきれいに並ぶ日付を選んでいます。

本体にはUSB、iLink(IEEE1394)、音声の光デジタル出力、PCカードスロット(!)などを装備し、ゲーム機というよりPCに近いといわれたのも懐かしいですね。実際、PS2で動作するLinuxが販売されるなど、PCっぽい扱いをされたこともあります。ほんの一瞬でしたけど。

PS3の発売が2006年11月でしたから、6年以上もの間、メインのゲーム機として活躍したことになります。その間、多くの後継モデルが登場しましたが、最終モデルとなったのは2008年7月のSCPH-90000 CR(シナバー・レッド)。本体としては2007年11月発売のモデルと同じですが、最後のカラバリとして数量限定で発売されました。

2016年:強力な手ブレ補正を備えたアクションカムの入門モデル「HDR-AS50」

today

防水や防滴機能はありませんが、本体を83gと軽くしてより使いやすくしたアクションカムが「HDR-AS50」。上位モデルに搭載されていた電子手ブレ補正を採用し、より安定した撮影が可能になりました。もちろん、付属の専用防水ハウジングを使えば60mまでの水中撮影を含めた悪環境での撮影も可能なので、アウトドアでも安心です。

うれしいのが、連続撮影165分とバッテリー駆動時間が長いこと。小型軽量化のためにバッテリーが小さいことが多いアクションカムですが、3時間近く撮影できるというのがいいですね。

外部ディスプレイとして使える「ライブビューリモコン」が付属する「HDR-AS50R」もラインナップされています。ライブビューリモコンは従来モデルより小型化されたほか、三脚ネジ穴アダプターが属し、腕以外にも固定しやすくなったのがポイントです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ActionCam, ActionCamera, playstation 2, ps2, sce, sony, today
84シェア
3
43
0
38

Sponsored Contents