Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

テスラ、新車種「Model Y」発表イベントを3月14日開催。低価格クロスオーバーEV

Model 3より一回り大きくなるとのこと

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年3月4日, 午後12:30 in Transportation
50シェア
9
41
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
テスラCEOのイーロン・マスクが、3月14日に待望の新車種 "Model Y" を公開することを明らかにしました。Modek YはModel Xの下の価格帯を担うテスラの電気SUVで、これまでにはティーザー画像以外の情報は公開されていません。また生産開始は2020年頃と予想されています。



機能的にもテスラの低価格帯セダンのModel 3と同等とされるModel Yですが、そのModel 3とどの程度パーツを共通化しているのか、バッテリー容量や航続距離はどれぐらいかといったことなどもすべてまだ明らかにされていません。ただ、コストダウンのために同じクラスの車種とできる限り共通化し、生産体制の合理化をはかるのは、多くの自動車メーカーがやっていることです。

初期の噂として、Model YにもModel Xと同じように後方座席にガルウィング式ドア「ファルコン・ウィング」を採用するという噂がありました。しかしこれについても、イーロン・マスクはやはり明らかにしていません。もっとも、ガルウィング式ドアはコストを押し上げる要因になると考えられるため低価格化を重視するModel Yには採用されないと考える方が妥当でしょう。

マスクCEOはその後最新のツイートにて、Model YはModel 3よりも約10%ほど大きくなると説明しました。とすれば、おそらく価格もそれと同じぐらいは上昇するはずです。Model 3は現在スタンダードモデルが3万5000ドルであるため、Model Yの価格は少なくとも4万ドル弱からになる可能性があります。

イーロン・マスクは3月6日より、Super Charger充電設備をバージョン3.0にアップデートするともツイートしています。これに関しても、詳細は発表されていないもののマスクCEOは他社の350kW充電ステーションをさして「まるでおもちゃのようだ」と過去に表現しており、テスラ車は現状で1時間弱を要する充電時間を、大幅に短縮できる可能性がありそうです。ただし、充電に関しては充電される側の電気回路のキャパシティもあるため、もしかすると今後発表される新しい車種(Model YやRoadster)、もしくは既存車種の改良版でなければ、最新の充電設備の恩恵は受けられないかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

50シェア
9
41
0

Sponsored Contents