Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

3月6日のできごとは「VAIO Z(VPCZ119FJ/S)発売」「K-S2 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年3月6日, 午前05:30 in today
49シェア
0
17
0
32

連載

注目記事

3月6日のおもなできごと

2005年、リニアモーターカーの「愛知高速交通東部丘陵線」開業
2010年、ソニーがGPU搭載「VAIO Z」(VPCZ119FJ/S)を発売
2015年、マイクロソフトが「Wireless Display Adapter」を発売
2015年、リコーイメージングが「K-S2」を発売

2010年:RAID 0のSSDやGPU切り替えスイッチを搭載「VAIO Z」(VPCZ119FJ/S)

today
VAIOシリーズのフラッグシップモデルといえばVAIO Zですが、2010年のVAIO Z(VPCZ119FJ/S)もなかなか飛ばしたスペックと機能を搭載していました。

店頭モデルのスペックは、CPUにCore i5-520M、4GBのメモリー、GPUにGeForce GT 330Mを搭載するというリッチなもの。本体のスイッチでSPEED/AUTO/STAMINAの3つのモードを切り替え可能で、再起動なしに使用するGPUを選べるという特殊なものでした。

更にこだわりがあったのが、ストレージ。128GBと容量の大きなSSDを搭載しているのも珍しかったのですが、さらに驚くことに、このSSDは2台のRAID 0構成によって高速化されていました。フラッグシップにふさわしい性能へのこだわりといえるでしょう。ちなみにオーナーメードモデルであれば、さらに高速な4台のRAID 0構成にできたほか、CPUもCore i7-620Mと上位モデルが選択できました。

2015年:防塵防滴仕様の小型一眼レフカメラ「ペンタックス K-S2」

today
小型のボディながらも防塵防滴仕様となっているほか、ペンタックスブランドとしては初となるバリアングル液晶を採用するなど、意欲的な一眼レフカメラとして登場したのが「ペンタックス K-S2」。センサーはAPS-Cサイズですが、ローパスフィルターレスだったり、ボディ内手振れ補正を搭載していたり、モアレなどを軽減するローパスセレクターを搭載していたりと、上位モデル譲りの仕様が魅力でした。

ユニークなのが、自撮りまで考えられていたこと。カメラを自分に向けるとシャッターボタンが押しにくくなりますが、本体手前にあるWi-Fiボタンで代用できるので、無理なく撮影できるというものです。無理な姿勢で構えてカメラを落とす、といった心配がないのがうれしいですね。

また、ペンタックスブランドらしくカラバリが豊富なところもポイントです。ブラック、ホワイト、ブラック×オレンジのレギュラーカラー3色に加え、ネイチャーコレクションとして3色、スポーツコレクションとして4色が用意されました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: pentax, pentax k-s2, ricoh imaging, sony, today, vaio, vaio z
49シェア
0
17
0
32

Sponsored Contents