Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

護身用スタンガン付きのiPhoneケースが発売

iPhone 6/6s用。ケースのパーツを一部取り外してiPhone 7/8にも装着可能

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年3月5日, 午後07:00 in iphone
958シェア
595
314
0
49

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


護身用スタンガン機能が付いたiPhoneケース「Yellow Jacket iPhone 6/6s(7/8にも対応)case」が登場しました。輸入販売事業を行うPODが取り扱いを開始しており、価格は価格は2万9000円(税抜)です。リアル店舗やオンライン(直販・卸売)にて購入できます。

同製品は、米国メーカーのYellow Jacket,LCC社が考案した自己防衛グッズ。スタンガンは95万ボルトと、相手を気絶させるほどの威力はありませんが、メーカーは「暴漢を約2分程度、行動不能にできる」と説明しています。

iPhoneカバーケースとスタンガンケースは別々なので、それぞれ分離して使うことも可能。ケースの充電用バッテリーは、iPhoneを1回程度であれば満充電できるので、モバイルバッテリーとしても活用できます。なお、カメラ機能を利用する場合には、スタンガンケースを合体させているとケースが写り込んでしまうので、その都度、取り外す必要があるとのこと。

製品の各部にもこだわりがあるといいます。
  • 3ステップの安全対策でスタンガンの誤作動を防ぐ安全機構
  • 複数のスタンガンスイッチを備えた両手利きトリガー設計
  • いざという時のバッテリー切れを防ぐLEDバッテリーインジケータ
  • 取り落としを防ぐ付属ストラップ
安全性には注意を払った設計ではありますが、遊びで使うと大変危険です。販売元は、「スタンガンを空中で放電することで、相手を威嚇し、それでも効果がない場合は、安全な場所へ逃げる時間を確保するために使って欲しい」と使用上の注意を呼びかけています。

また「スタンガンは護身用で違法ではありませんが手に持ち不徳的多数の人に見せびらかせると注意を受けたり、度が過ぎると軽犯罪法違反で処罰されます」とも注意喚起しています。






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

958シェア
595
314
0
49

Sponsored Contents