Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

インド向け廉価スマホ「Realme 3」がOPPOからデビュー

約1万4000円からの高コスパ

62シェア
7
17
0
38

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


中国OPPOのインド向けブランドとなるRealmeは、新形旗艦スマートフォン「Realme 3」を発表しました。

2018年5月から投入が始まったRealmeシリーズ。現在インドは低価格なスマートフォン市場が盛り上がっており、また同国では中国シャオミや韓国サムスンが大きなシェアを占めています。そんなインド市場に切り込むべく投入されているのがRealmeシリーズなのです。

さて、3世代目となるRealme 3では、6.2インチ/縦横比19:9/1520×720ドットのディスプレイ上部に水滴型ノッチを搭載し、本体に対する画面比率が向上。また、画面にはゴリラガラス3を採用しています。

本体背面パネルには、グラデーションカラーを採用。中国ファーウェイの「P20 Pro」やシャオミの「Mi 9」を連想させる、高級感のある仕上がりです。また、背面には指紋認証センサーを搭載し、本体は防滴仕様となっています。

本体スペックは、プロセッサがHelio P70でRAMが3GB/4GBに内蔵ストレージが32GB/64GB。背面カメラは1300万画素+200万画素でHDR撮影やボケ効果が利用可能。フロントカメラは1300万画素で、美肌撮影が楽しめます。バッテリー容量は4230mAhで、OSにはAndroid 9 PieをカスタムしたColorOS 6.0が搭載されています。

Realme 3のカラーバリエーションはダイナミック・ブラックとラディエント・ブルーの2色。価格は3GB RAM/32GB ROMモデルが8999インドルピー(約1万4000円)、4GB RAM/64GB ROMモデルが1万999インドルピー(約1万7000円)で、3月12日からオンライン販売が開始されます。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: GizmoChina
関連キーワード: android, oppo, Realme, smartphone
62シェア
7
17
0
38

Sponsored Contents