Sponsored Contents

nintendoの最新記事

Image credit:
Save

噂のSwitch版VRがついに。『Nintendo Labo: VR Kit』4月12日発売、バズーカなど6つの楽しみを用意

段ボールならVRゴーグルも安く済みますしね

Kiyoshi Tane
2019年3月7日, 午後12:00 in nintendo
171シェア
0
111
0
60

連載

注目記事


任天堂は3月7日、Nintendo Laboシリーズの新作として「Nintendo Labo VR Kit(ニンテンドーラボ VRキット)」を4月12日に発売すると発表しました。

Nintendo Laboシリーズは、段ボール製の工作キット「Toy-Con(トイコン)」を組み立ててコントローラーを作り、Nintendo Switchと組み合わせて様々な遊びが楽しめるというもの。このシリーズに、お手軽なVRゲームが遊べる最新作が加わったかたちです。

本製品は、基本的には目に当ててのぞき込むVRゴーグルToy-Conを中核とするもの。一般的なVR用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)と違い手で持って操作するため、頭に着脱する手間がなく、素早く取り扱うことができます。

VRゴーグルToy-Conは単体でも遊べるほか、バズーカやカメラ、トリなど5種類のToy-Conと合体させることで6つの楽しみ方が可能となっています。カメラを被写体に向ける、ゾウの鼻を動かす、同社のスーパースコープをほうふつさせる砲身を構えたりと、VR空間で実際に体を動かしゲームの世界と連動する体験が堪能できるわけです。

VR

Nintendo Labo VR Kitのパッケージは2種類。VRゴーグルと5種類のToy-Conがセットになった標準パッケージと、VRゴーグルとバズーカToy-Conだけがセットになった「ちょびっと版」が用意されており、それぞれ価格は7980円(税抜)と3980円(税抜)が予定されています。

スイッチがVR対応するとの噂は早い時期からあり、本体発売前の2016年末には特許書類の中にVR用のHMDと思しき図面が発見。そして今年2月中旬、海外メディアのNintendo World Reportが複数の情報筋の話として「まもなくスイッチのVR対応が発表される」との予測を報じたばかりです。
HMDUSPTO

VR対応にあたって懸念されたのは、スイッチ自体の解像度やパワー不足、およびユーザーの負担するコストです。HTC ViveやOculus RiftといったPC向けのVRプラットフォームでも本体の高い処理能力およびHMDの高解像度が必要とされ、最も敷居の低いPS4 +PS VRも家庭用ゲーム機としては最高ランクの性能とそれなりの出費が求められるものでした。

今回のNintendo Labo VR Kitは、コスト面ではHMDを段ボール製とすることで低価格に抑え、そしてVR的な表現力の限界を「実際に体を動かす」ことやToy-Conの手触り感覚で補うという点で、賢いソリューションと言えるかもしれません。

ちなみに、任天堂は「VRモード(3D映像)」についての注意書きも合わせて公開しています。体調に留意して気分がすぐれない場合は休憩を取ること、状況によっては映像が見えにくい場合もあること、対象年齢は【7歳以上】であることなど。

君島達美前社長もVR酔いなどの課題に言及していましたが、他のゲーム専用機よりも家庭向け、低年齢向けを重視している任天堂ハードだけに、「子供が初めて体験するVRゲーム機」として可能な限りの配慮は尽くされていそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 任天堂
171シェア
0
111
0
60

Sponsored Contents