Sponsored Contents

businessの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、センサー付きライトで高齢者を見守るサービス発表 管理会社や家族に異常を通知

大掛かりな工事が不要なのがメリット

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年3月8日, 午後07:00 in business
86シェア
0
30
0
56

連載

注目記事


ソニーネットワークコミュニケーションズ(SNC)が、人感・温度・湿度・照度の各種センサーやマイク、スピーカーなどを内蔵したマルチファンクションライトを活用した賃貸住宅向けの高齢者見守りサービスを6月下旬から提供開始します。

サービス自体は、賃貸住宅に1人で暮らす高齢者が主な対象ですが、SNCと個人が直接契約するわけではなく、賃貸経営を行うシーラ、ランドネットを通じての提供となります。



高齢者の一人暮らしというと、孤独死などのニュースをよく目にします。家族が頻繁に会いに行ければ問題はないのでしょうが、それもなかなか難しいものです。

そこで、SNCの高齢者見守りサービスでは、マルチファンクションライトに搭載された人感センサーや照明操作の履歴などのライフログデータをもとに、一定時間記録がない場合に異常通知を行う仕組みです。

異常が検知された場合には、まず搭載されているスピーカーとマイクを使い、音声による呼びかけと録音を実施。その後、入居者宛にメールを送り、開封が確認できない場合には離れて暮らす家族や管理会社に連絡し、駆けつけなどの連携を促すとのこと。



人感センサーや水道の流量計などを使った同様の見守りサービスは、高齢者住宅などですでに行われていますが、特別な工事が必要なく利用できるのがマルチファンクションラインの強みでしょう。

なお、最初にも書きましたが、このサービスは個人で直接契約できるものではありません。利用するマルチファンクションライトも法人向けモデルのみで、量販店などで購入し自分で取り付けても利用はできません。

契約パートナーにより料金が異なる可能性があるものの、月額1000円程度の利用料が想定されています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

86シェア
0
30
0
56

Sponsored Contents