Sponsored Contents

displayの最新記事

Image credit:
Save

AGC、折りたたみスマホ向け『曲がるガラス』を開発中

耐久性向上へ

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年3月13日, 午後04:10 in display
276シェア
0
250
0
26

連載

注目記事


サムスンやファーウェイが相次いで発表した「折りたたみスマホ」。フレキシブルな有機ELパネルで実現した未来感あふれる製品ですが、課題もあります。それは傷つきやすいということ。

曲げるために、ディスプレイの表面がガラスではなく、硬度の低いプラスチック素材で覆われるため、一般的なスマホに比べて画面に傷がつきやすくなります。また、プラスチックは曲げを繰り返すうちに、折り目に沿ってしわができる欠点もあります。

しかし、そんな懸念もいずれ解消されそうです。コーニングが曲がるスマホ向けカバーガラスの開発を進めているほか、日本のAGC(旧:旭硝子)も、同様のフレキシブルガラスの開発を進めています。

AGCの曲がるガラスは『Ultra-Thin Chemically Strengthened Cover Glass with High Impact Failure Resistance for Foldable Devices』(フレキブルデバイス用極薄板化学強化ガラス)という名称で、2017年・2018年のSIDに出展。厚さ0.1mmの場合、曲げた時のギャップ(曲げた状態で水平に向かい合う面同士の距離)は5.9mmを実現し、モバイルデバイスとしての十分な耐衝撃性も備えているといいます。

同社の広報担当者は、折りたたみスマホ向けの曲がるガラスについて、SIDでの出展を例に『開発を進めているのは事実でございます』とコメント。立ち上がったばかりの新ジャンルとなる折りたたみスマホですが、その耐久性向上に向けた取り組みが進んでいます。

※AGCの広報担当者に追加で質問しており、アップデートがあり次第追記します。 ※画像は中国OPPOが公開した折りたたみスマホの試作機

(更新:2019/03/13)市場投入の目処について広報担当者は「未定」としています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: agc, display, foldable, galaxyfold, glass, huaweimatex, matex
276シェア
0
250
0
26

Sponsored Contents