Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

廉価版iPad、10.2インチと10.5インチの2種類が近日登場? 有名リーカーがツイート

どうやって差別化するんでしょう

Kiyoshi Tane
2019年3月14日, 午後12:03 in AppleRumor
63シェア
0
63
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

これまでアップル未発表製品の予測を的中させた実績ある有名リーカーが「まもなくProではない10.2インチiPadと、10.5インチiPadが発表される」とツイートし、話題となっています。


この発言をしたCoinX氏は、2018年モデルiPhoneの名前やiPad Pro(2018)の情報を正確に予測してみせた人物です。それぞれアップルからの正式発表の直前に、「iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone XR」「新iPadはヘッドフォンジャックなしで厚みは5.9mm」とツイートしていました。
さて、今回のCoinX氏によるツイートは「第7世代iPad(10.2インチ)と"新"iPad(10.5インチ、Proではない)はもうすぐ登場。ただし同時ではない」とのこと。第7世代iPadとは第6世代の9.7インチiPadの後継機を意味していますが、それとは別に"新(new)"として非ProのiPadも出るとしています。

つまり、廉価なエントリーモデルに位置づけられるiPadが、10.2インチと10.5インチという2種類のサイズで出るということ。わずか0.3インチしか違わない2つのモデルのどこが異なり、どのような戦略的な意味があるのかは明らかにされていません。

次世代iPadに関するこれまでの報道では、まず中国メディアChina Timesが画面サイズを10インチに拡大した第7世代iPadが2019年の後半に発売と予測。やや大きめのディスプレイを収納するために新フォームファクタが採用され、ベゼル幅は狭くなるとされていました。

その後、EEC(ユーラシア経済委員会)データベースでも未発表iPadと思しき7つの製品番号が発見され、iOS 12.2ベータからも新デバイスの手がかりが発掘されており、「エントリーモデルiPad」が近日登場することは半ば確実視されています。

しかしiPad miniの7.9インチ型とは異なる廉価版iPadが2種類、しかも10.2インチと10.5インチという僅差のサイズ違いが2種類出るという噂は、今回が初出となります。

2018年の第6世代iPadはエントリーモデルとして初めてApple Pencilに対応しましたが、2019年モデルは一方がApple Pencil非対応として価格の安さを強調するのか、あるいは一方に新たな機能をプラスするのか。そもそも0.3インチしか違わない2モデルを出すこと自体、今ひとつ信じがたい感はありますが、続報を待ちたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
関連キーワード: apple, AppleRumor, ipad, twitter
63シェア
0
63
0
0

Sponsored Contents