Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

アップルの雑誌購読はPDFベース、ダウンロード可能? 手がかりがベータ版OSから発見

日本の雑誌はどうなるんでしょう

Kiyoshi Tane
2019年3月14日, 午後01:30 in AppleRumor
67シェア
16
36
0
15

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
Apple

アップルは3月25日にスペシャルイベントの開催を告知していますが、そこでの発表が予測されている有料ニュース購読サービス(ないし定額制の雑誌購読サービス)について、新たな手がかりが発見されました。


この手がかりが発見されたのは、iOS 12.2とmacOS 10.14.4の最新ベータ版から。開発者のSteve Troughton-Smith氏はTwitterにて、最新の雑誌が配信された際に表示されるプッシュ通知のイメージとともに、次のような雑誌ジャンルへの言及があったと報告しています。
  • 自動車
  • ビジネス&ファイナンス
  • 工芸&趣味
  • エンターテイメント
  • ファッションスタイル
  • フード&クッキング
  • ヘルス&フィットネス
  • ホーム&ガーデニング
  • キッズ&子育て
  • メンズライフスタイル
  • ニュースと政治
  • 科学技術
  • スポーツとレクリエーション
  • 旅行
  • 女性のライフスタイル

これらデジタル雑誌はPDFベースで配信され、オフラインで読めるようにダウンロードもサポートされているとのことです。

2018年3月に、アップルは雑誌版Netflixといわれるデジタル雑誌サービスのTextureを買収済み。新たな雑誌購読サービスもその技術をベースとしており、月額10ドル程度(Textureと同料金)と推測されています。

その一方では、ニュースや雑誌を提供するメディア各社とアップルの間で、購読収入の配分について一部の会社と交渉が継続しているとも伝えられていました。クレジットカード情報やメールアドレスといった顧客情報へのアクセスをめぐる条件についても、まだ協議が続いているのかもしれません。

25日のイベントでは、合わせてアップル独自の動画ストリーミングサービスも発表されると噂されています。雑誌購読サービスについてはMacでも利用可能となるようですが、動画サービスでのMac向けサービスはあるのか、どのような形態で提供されるのかも興味深いところです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

67シェア
16
36
0
15

Sponsored Contents