Sponsored Contents

olympicsの最新記事

Image credit:
Save

トヨタのロボットとパナソニックのアシストスーツが2020年の東京五輪をサポート

ロボットが生活に溶け込む時代がスグそこに

田沢梓門, @samebbq
2019年3月15日, 午後03:00 in Olympics
56シェア
17
26
0
13

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

東京2020組織委員会は3月15日、虎ノ門ヒルズにて「東京2020ロボットプロジェクト」の発表会を開催しました。このプロジェクトは2020年の東京オリンピック開催中にロボットの社会実装を推進するものです。会期中はさまざまなロボットが大会をサポートする予定になっています。今回発表されたのはその第一弾。

生活支援ロボットが試合観戦をサポート

Engadget
▲写真左はモノを掴むアームを備えて全方位に移動可能な「HSR」、写真右は全方位移動機構を備えた荷物運搬ロボット「DSR」

トヨタの生活支援ロボット「HSR」と「DSR」がオリンピックスタジアム車いす席の一部で展開予定です。この2機が車いす観戦者の入退場や飲食物の運搬などをサポートします。発表会では、車いすの方がタブレットで注文した飲み物をDSRが近くまで運搬し、HSRが手渡すというデモが実施されました。

パワーアシストスーツで荷運びの負担を軽減

Engadget

そしてもう一つ。パナソニックのパワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」が競技会場や大会関連各施設等に導入されます。大量の飲食物や廃棄物などの運搬業務のほか、大会関係者の荷物の積み下ろしなどでも活用される予定です。ATOUN MODEL Yを装着することで、腰の動きをセンサーが捉え、モーターでアシストしてくれます。これにより重い荷物を持ったときにかかる腰の負荷が軽減されるとのことです。



このほかにも東京五輪ではさまざまなロボットが活躍する予定とされています。おそらく、コミュニケーションロボットや清掃ロボットなどもほかの日本メーカーから登場するのではないでしょうか。これをきっかけにロボットなどテクノロジーが生活に溶け込む未来がやってくるかもしれません。続報に期待したいところです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: olympics, panasonic, robot, toyota
56シェア
17
26
0
13

Sponsored Contents