Sponsored Contents

IoTの最新記事

Image credit:
Save

「飲む体温計」の動物実験に成功。胃酸で発電し、深部体温を計測

レモン電池ならぬ胃酸電池

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年3月15日, 午後02:30 in Iot
83シェア
0
83
0
0

連載

注目記事


東北大学は13日、錠剤サイズの「飲む体温計」の動物実験に成功したと発表しました。

人体内部の体温「深部体温」は、健康状態をより正確に示すバロメーターになります。たとえばうつ病患者は、健康な人より深部体温が高い傾向があることが知られています。また、深部体温のリズムが睡眠覚醒リズムや一般的な活動時間のリズムからずれると、睡眠障害のリスクが高まるという報告もあります。

つまり、深部体温を計測することで、病気の早期診断に繋がる可能性があるわけです。しかし、一般的な体温計で深部体温を計測することは困難です。正確に計る方法として、肛門から温度センサーを挿入して計測するという方法もありますが、挿入時に腸壁を傷つけるおそれもあり、また、日常的に行うのには適しません。

そんななか、東北大学の研究チームが開発した「飲む体温計」は、錠剤のように飲んで動作する直径9mmの体温計。ユニークなのが電気を得る方法で、胃酸を使って発電する仕組みが採用されています。酸性の液体から電力を得る方法は「レモン電池」が有名ですが、それと同じ原理で人体の胃酸を使って発電してしまおう、ということです。東北大学では、人体に有害なボタン電池などを使わないため、安全に利用できるとしています。

飲む体温計
▲飲む体温計

「飲む体温計」は、表面にプラチナとマグネシウムの電極を備え、胃を通過する際に胃酸で発電します。そして、腸まで達すると30分ごとに一度、温度を計測。10MHz帯を用いた非接触通信で体外との通信を行います。便として排出された後は、下水処理場で処理される過程での回収が想定されています。

たとえば就寝中のベッドにアンテナを設置しておけば、就寝中の体温データが収集できます。さらに受信アンテナが小型化すれば、ベルトや腕時計などのウェアラブル機器で深部体温を計測できるとも考えられています。

今回行われた動物実験では、試作したセンサーを犬に飲ませ、動作を検証。市販のループ型アンテナを使って、寝ている状態の犬の深部体温を計測できることを確認しました。体外のアンテナとの通信は50cm離れても十分に動作し、今後さらに通信距離を伸ばせるとしています。

研究チームは今後、人への適用を目指し、動物実験を重ねていくほか、将来的に1個100円以下までコストを削減するべく、安価な部品の活用や実装を検討していくとしています。

飲む体温計




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

83シェア
0
83
0
0

Sponsored Contents