Sponsored Contents

JRの最新記事

Image credit:
Save

「乗る新幹線は今どこ?」が一目で、東海道・山陽新幹線の「列車走行位置」公開

アイスの販売状況……車内販売の有無などが知れるとなお良さそう

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年3月16日, 午後04:00 in Jr
360シェア
120
135
0
105

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View



R東海は、3月16日のダイヤ改正にあわせ、東海道・山陽新幹線の「列車走行位置情報」の提供を開始しました。同社Webサイトの「東海道・山陽新幹線運行状況」のページからチェックできます。

一日360本の列車が走り、46万人以上を運ぶ東海道新幹線。東京や新大阪のような大きな駅では、自分の乗る列車がどれか迷ってしまったという経験がある人もいるかもしれません。

今回提供される列車走行位置情報は、東海道新幹線(東京~新大阪間)と、直通する山陽新幹線(新大阪~博多間)のすべての列車が「今どのあたりにいるか」をWebサイト上で表示するサービスです。駅にいる列車はどのホームに停車中なのかも表示されるほか、路線図上に表示された列車のアイコンをタップして、到着時間の目安も見ることができます。

JR東海

あわせて、JR東海は、運行情報ホームページでの多言語対応を行っています。日本語、英語のほか、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語、ドイツ語、フランス語という7言語に対応します。

そして、ホームページ上に運行状況を用意しても、外国人に周知できず、アクセスされないのでは意味がありません。そこでJR東海では、駅や列車のテーブルに「QRコード」を貼り付けてホームページへのアクセスできるようにしています。一見すると地味ですが、旅行客がみなスマートフォンを持っている現代ならではのスマートな工夫と言えます。

JR東海

JR東海では、新幹線の列車内無料Wi-Fiも整備。2020年3月にすべての車両で利用できるよう設置を進めています。また、日経新聞などの報道では訪日外国人向けに「QRコードを利用する乗車券」の導入を検討しているとされています。鉄道会社による、訪日外国人の使い勝手を改善するための取り組みは、2020年の東京オリンピックを前にますます盛んになっていくのかもしれません。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: JR東海
関連キーワード: JR, JRCentral, shinkansen, train
360シェア
120
135
0
105

Sponsored Contents