Sponsored Contents

Samsungの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Foldの展示は原宿だけ!Galaxy Harajukuはニューヨークやロンドンより最大なギャラクシーゾーン!

世界のGalaxyなお店とGalaxy Harajukuを比較してみる

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年3月18日, 午後02:30 in Samsung
44シェア
7
37
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View



3月12日に東京・原宿にGalaxyシリーズのスマートフォンの情報発信基地となる「Galaxy Harajuku」がオープンしました。これまで量販店などにGalaxyコーナーを長期間設営したことはあったものの、地下1階から地上6階までまるごとGalaxyという大型店舗は今回が初めて。なんとここではまだ世界中のどこにも展示されていない折りたたみ型スマートフォン「Galaxy Fold」もショーケース内で展示されています。

hjgb

日本のスマートフォンシェアを見るとサムスンは奮闘しているものの後塵を拝しています。これまでに新製品イベントは期間限定でGalaxy Studioを全国展開してきました。しかし規模は大きくできませんし長くても数ヵ月のみの展開しかできません。そこで今回、恒久的なプロモーションを行うために、このGalaxy Harajukuがオープンしたわけです。365日いつきてもGalaxyの最新情報を体験できる巨大空間であるGalaxy Harajuku、レポートは以下の記事でどうぞ。

1億円オーバーの壁から狂気のインスタ部屋まで〜テーマパーク「Galaxy Harajuku」全フロアを満喫してきた

さて海外を見ると「Galaxy専門」「サムスンオンリー」のショールームや店舗は各都市にあります。今回オープンしたGalaxy Harajukuは、それら各国に展開する店舗に負けない「世界最大・Galaxyだらけ」の店舗なのです。それでは海外にはどんな店が展開されているのでしょうか?

▼アメリカ・ニューヨーク:Samusung 837


ニューヨークのチェルシー地区の再開発に合わせてオープンしたのがサムスンのショールームであるSamsung 837です。1FはGalaxyを中心とした体験ゾーンで、VRマシンも多数展示されています。地下1階はイベントスペースでトークショーやライブショーもよく行われています。そして2階には最新モデルの展示やスマートホームなどサムスンの家電との連携デモも。さらにカフェも併設されています。ショールームという位置づけなのでアクセサリ類などの販売が行われていないのはちょっと残念。

hjgb

hjgb

▼イギリス・ロンドン:Samsung Experience Store London

世界最大のショッピングストリートであるロンドンのオックスフォードストリート。そこに位置するのがサムスン製品の販売と展示を行うエクスペリエンスストアです。古風な外観の建物の中には最新のGalaxy S10をはじめ、アクセサリなども豊富に販売されています。ミニイベントスペースではGalaxyシリーズの使い方セミナーなども行われます。

hjgb
hjgb

▼韓国・ソウル:Samsung d'light


サムスンといえば韓国、ソウルのサムスン電子本社ビルに併設されているのが大型ショールームのSamsung d'lightです。1Fと2Fは体験ゾーンでサムスン製品を使った近未来の生活体験デモなどが行われています。そして地下1Fにあるd'light ShopではスマートフォンやPCの最新モデルやアクセサリが販売されています。Galaxyシリーズのアクセサリは日本発売モデルでも使えるものもありますし、ちょっと古い機種のケースなどは値引き販売されていることもあるのでお買い得。ソウルに来たらぜひ立ち寄りたい場所です。

hjgb
hjgb

▼中国・上海:南京東路旗艦店(オープン予定)


上海の繁華街である南京東路歩行街にまもなくフラッグシップストアがオープン予定。場所は目の前がアップルストアという絶好のロケーションにあるショッピングモール内です。筆者が訪問した2019年3月上旬はまだ工事中でお店の全容は見えず。そのかわりモールの1FでGalaxy S10の発売記念イベントを行っていました。

hjgb

hjgb

これらの海外の店舗・ショールームも大きいのですが、Galaxy Harajukuほどの規模の店はありません。Galaxy Harajukuほどの規模の店のある日本は、海外から見るとうらやましくも思えます。それだけサムスンは日本市場を重視しているわけです。

Galaxy Harajukuは既存のGalaxyシリーズのユーザーサポートも充実させますし、Galaxyを使っていないユーザーにも原宿に来た時に気軽に立ち寄ってもらう、楽しめるスペースづくりを心掛けているようです。Galaxy HarajukuはGalaxyユーザーだけの場所ではなく、「スマートフォンはまだいろんなことができる」という魅力や可能性を発信する場所として新たな名所になることでしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: galaxy, Galaxy S10, Galaxy S10+, Galaxy S10e, Samsung
44シェア
7
37
0

Sponsored Contents