Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

3月20日のできごとは「EXILIM EX-ZR1600 発売」「MIFES 10 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年3月20日, 午前05:30 in today
13シェア
4
9
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

3月20日のおもなできごと

1994年、松下電器産業が「3DO REAL」を発売
2015年、メガソフトが「MIFES 10」を発売
2015年、日本通信が「VAIO Phone」を発売
2015年、カシオが「EXILIM EX-ZR1600」を発売

2015年:Bluetoothによる常時接続で、必要に応じてスマホに自動でWi-Fi接続「EXILIM EX-ZR1600」

today
光学18倍ズームレンズを採用した高倍率コンデジが「EXILIM EX-ZR1600」。180度チルト液晶とフロントシャッターボタンを備え、自撮りしやすいというのが特長です。

面白いのが、「エクシリム オートトランスファー」という無線機能を搭載していたこと。これはBluetoothでスマホと常時接続し、写真を撮影すると自動的にWi-Fi接続して写真を転送してくれるというもの。常時Wi-Fi接続するより消費電力が少なく、しかも、手間をかけずにスマホで写真を活用できるようになるため、SNSなどへ投稿するのに便利でした。さらにリモート撮影にも対応。シャッターが切れるだけでなく、撮影モードの変更やフラッシュのオン/オフ、ズームといった操作も可能ですから、難しいアングルでの撮影などで重宝しました。

2015年:DOS時代から続く、30周年のテキストエディタ「MIFES 10」

today
古くからのPCユーザーであれば、一度は触ったことがあるといっても過言ではないテキストエディターが「MIFES」。使いやすい編集機能と、柔軟なカスタマイズ性、高速な動作で人気となったエディターです。

初代のDOS版から30周年を迎えた2015年、Windows版の「MIFES 10」が発売されました。ちなみに前バージョンとなる「MIFES 9」が登場したのは2011年7月ですから、約4年ぶりのメジャーバージョンアップでした。

MIFES 10では構造解析エンジンを搭載し、ファイルに合わせたブロックの自動認識を実現。これにより、簡単に文章の段落やプログラムの制御構造などを選択できるようになりました。このほか、単語の補完機能、閉じカッコの自動補完機能、ファイル比較機能の強化などが追加されています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

13シェア
4
9
0

Sponsored Contents