Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新型iPad miniとiPad Air、RAMは3GBでiPhone XRと同等のスペック?ベンチマークスコアが公開

ゲームと読書用に魅力的

Kiyoshi Tane
2019年3月19日, 午後02:00 in apple
94シェア
0
94
0
0

連載

注目記事


3月18日夜(日本時間)に突如として発表された新型iPad AirとiPad miniですが、その直後にいずれかのデバイス(あるいは両方)と思しきベンチマークスコアがGeekbenchにて公開されています。

この「iPad11,2」と称されるデバイスは、2.49GHzとされるクロック数やシングルコアスコア、マルチコアスコアがいずれもiPhone XRやiPhone XSといったA12 Bionicチップ搭載のiPhoneとほぼ同等のもの。そして新型iPadはどちらもA12搭載と公表されているため、それらのベンチマークと推測されています。
geek
本ベンチマーク結果によれば、新iPadの搭載RAMは約3GB。これはiPad Pro(2018)より1GB少なく、無印の9.7インチiPadより1GB多い中間に位置。そしてiPhone XSとiPhone XS Maxの4GBよりも抑えめで、iPhone XRと同等になっています。

現時点では「iPad11.2」が新iPad miniとiPad Airのどちらかは不明ですが、カタログスペックを見るかぎり両者の性能はほぼ同等と思われ、「どちらもこのベンチマーク結果」ということは十分にあり得ます。

つまり定価8万4800円(税別)からのiPhone XRに匹敵するスペックのタブレットが、iPad miniの場合は4万5800円(税別)、iPad Airなら5万4800円(税別)から入手できるということ。大きな画面で遊びたいゲームや、絵や文字を広々と楽しみたい読書目的であれば、非常に魅力的な選択肢となりそうです。





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: Geekbench
関連キーワード: apple, AppleRumor, benchmark, GeekBench, IpadAir, IpadMini
94シェア
0
94
0
0

Sponsored Contents