Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

博多の名店「八ちゃんラーメン」を「Pixel 3」で撮影、ナイトモードでグンと麺スタ映え!(世永玲生) #麺ガジェット

麺テック、記念すべき第一弾の舞台はラーメン博物館が25年間口説き続けた博多の名店

世永玲生(Reo Yonaga)
2019年3月20日, 午前12:00 in Android
53シェア
0
53
0
0

連載

注目記事

スマホでラーメンをおいしそうに撮影、VRでラーメンの調理体験、ドローンでラーメンを運ぶ、ロボットアームで麺をすする.........。Engadgetが発信しているガジェットを麺類という切り口から紹介する企画「#麺ガジェット」。第一弾として、世永玲生さんがGoogle謹製スマホ「Pixel 3」を持って「八ちゃんラーメン」に行ってきました。

こんにちは。皆さん博多・薬院の「八ちゃんラーメン」ってご存知ですか?

・特徴的な平打ち極細麺
・長時間丁寧に煮出した臭みの無い超濃厚スープ
・夜21時からの営業

といった特徴の中毒性が高いラーメンを味わえます。1968年創業の超老舗店舗で、本店のみで営業を続けていました。


有名ラーメン店が一同に集結した新横浜のランドマーク「新横浜ラーメン博物館」は八ちゃんラーメンを博物館にオープンさせることを25年前から口説き続けいたとのこと。その努力が実り、新横浜ラーメン博物館の開業25周年記念日である3月6日に合わせて、平成最後の新店として八ちゃんラーメンがオープンしました。博多に行かなくても八ちゃんラーメンを味わえるということでラーメン通の間で話題になりました。

▲左から「Pixel 3 XL」「Pixel 3」

ハナシはガラリと変わりますが、「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」は昨年の11月に発売したGoogleが自社謹製スマートフォンの新モデル。カメラは、1220万画素のシングルレンズですが暗所での撮影性能が優れているというレビューが数多く公開されています。飲食店は十分な光源がないシーンが多いですが、Pixel 3ならば暗所という厳しい状況をカバーしてラーメンをおいしそうに撮影できるのかを検証してみます。



▲ということで、Pixel 3を持って新横浜ラーメン博物館にやってまいりました

Pixel 3はカメラが明るい!

「新横浜ラーメン博物館」は人気のラーメン屋さんが施設内には軒を連ね、一大観光スポットになっているのですが。結構暗いんですよ。一番明るい中央の広場がコチラ。

▲iPhone XSだとこんなです



▲これがPixel3だと「若干」明るい〜!!!!

ナイトモードで夜の街もバッチリ!

施設内は全体的に「夕暮れ時の昭和の裏通り」をイメージしているので、結構薄暗いのですが、目で見る感じより明るく写ります。


▲ナイトモードが超優秀で


▲ネオン等が写ってる場合にも綺麗に撮れると評判なんですが。みての通り、中々雰囲気のある写真を撮ることができます



▲どうです?びっくりの明るさじゃないですか?

八ちゃんラーメンにいよいよ到着。

Pixel3 review ramen
メニューはこんな感じなのですが、「ワンタンは必ず食べて!」「替え玉絶対したくなるよ!」「おにぎり忘れずに!」と事前にラーメン通の友人に聞いていたので、まずは「ワンタンメン」と「おにぎり」をチョイス。

本店は絶品チャーハンも有名ですが、このメニューを見る限り無いようです。残念。

店舗内は外よりは明るいのですが、いわゆる「#麺スタグラム」対応の店舗の様に、撮影にばっちりな光量はありません。

ナイトモードでのラー撮が凄い!

さて着席し、待つことしばしで、ワンタンメンの到着です。
まずはiPhone XSでの撮影と比較してみます。


▲こちらiPhone XS

Pixel3 review ramen
▲そしてこちらがPixel 3。ちょっと青みが入ってますが確かに明るい気がしますね

だがしかしー!今回はPixel 3使いのラオタクラスタの友人から「Pixel 3はナイトモードでラーメン撮るとイケてる!」と聞いてたのでチャレンジ!
Pixel3 review ramen
▲おぉーーー!!!これはうまそうだ!!!

それに「目で見た感じ」に近い気がします。Pixel3 review ramen
▲そして、早速麺からズズズッ。こちらは通常の撮影です。極細のコシのある平打ち麺によくスープが絡みます

Pixel3 review ramen
▲そしてこちらがナイトモード。んー。ナイトモードの方が明らかに美味そうに写るので、この後はナイトモードのみで行きますね!

▲ちなみに、元の写真がとても明るいので、ちょっと写真をいじるとこれくらいはっきりとした仕上がりになります

Pixel3 review ramen

さて、スープに行ってみましょう。

超濃厚でありながら、臭みがまったくない丁寧に炊かれたスープは、油断すると全て飲んじゃいそうです。

「臭く無いと濃厚じゃない!」なんて人には「あっさり」に感じてしまうかも知れませんが、旨味の洪水に目を向けると濃厚そのもののスープです。
髄も骨も全て溶けるまで徹底的に煮出してるというだけあります。

いわゆる最近だと「泡系とんこつ」って言われているタイプです。

Pixel3 review ramen
▲ワンタンは、大きさも皮の主張も「ちょうどいい」まったくラーメンを邪魔しない「完璧な脇役」を演じてます

Pixel3 review ramen
▲同じく「脇役に徹してる」チャーシュー。うん。これはワンタンチャーシューにしなくて正解だったかも知れない

Pixel3 review ramen
▲そして、「バリカタ」で替え玉を注文!こうやって見ると平打ち麺なのがよくわかりますね

▲替え玉もサクッと平らげて、「おにぎり」の登場!

Pixel3 review ramen
▲おにぎりをスープに投下し

Pixel3 review ramen
▲丁寧にほぐして、おじやにして食べます!これはヤバイです

濃厚だけど塩味は薄めなスープとお米の相性がヤバイ!!!
おにぎり10個は余裕でいけちゃうやつです

Pixel3 review ramen
▲そして勿論スープも完飲・・・いやーうまかったー!

今回は敢えて味変はしなかったので、次回はニンニクや紅生姜もいれて試してみたいです!

Pixel3 review ramen

そうそう、Pixel 3はカメラを通して情報にアクセスする「Googleレンズ」対応なのですが、帰りにこちらも試してみましたが、中々の精度でした。

ラーメン撮影にはPixel 3のナイトモード!どこに居るかわからなかったらGoogleレンズ!覚えておいて損はなさそうですよ!

■施設情報
新横浜ラーメン博物館
営業時間 11:00〜21:30(日祝は10:30~)
休館日 年末年始
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
アクセス 新横浜駅(JR東海道新幹線・JR横浜線、横浜市営地下鉄線)より徒歩5分、横浜市営地下鉄8番出口より徒歩1分
URL http://www.raumen.co.jp/
※入場には入場券か入場パスが必要です




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, camera, food, ios, iphone, Mengadget, pixel, pixel3, ramen
53シェア
0
53
0
0

Sponsored Contents