Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Googleが自前のゲーム開発スタジオ設立。Stadiaプラットフォームの新作と支援を担当

1億人T-Rexジャンプ

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年3月20日, 午後02:00
140シェア
0
82
0
58

連載

注目記事



ゲームプラットフォーム Stadia の初公開とあわせて、Googleが独自のゲーム開発スタジオ開設を発表しました。名称はStadia Games and Entertainment。

アサシンクリードのプロデューサーとして知られるゲーム業界の重鎮ジェイド・レイモンド氏が指揮を執り、クラウドネイティブなSTADIAオリジナル作品の開発と、パートナー開発者への技術供与を担当します。


Google
Googleがゲーム開発者イベント GDC 2019で発表した STADIA (ステイディア)は、Googleのデータセンタで動くゲームをYouTubeのように動画として送信することで、スマホでも非力なPCでも、本格的なゲーミングPCと同等以上のゲームが即座に遊べるストリーミングゲームプラットフォーム。

プレーヤー側には動画が再生できる程度のデバイス(と必要ならコントローラ)があれば良いため、

・新たにゲーム機やPCなどを購入することなく「すでに持っているあらゆる画面」で遊べる
・ゲーム自体はデータセンターの強力なサーバを使ってって動くため、ゲーミングPCを凌ぐ高度な表現ができる
・ダウンロードもインストールもアップデートも不要
・セーブ・ロードの必要なく、出先はスマホ・帰宅したら大画面テレビ(Chromecast)など端末を切り替えて続きが遊べる(ゲームはサーバ側で継続・サスペンドしている)
・YouTubeのゲーム動画に「いますぐ遊ぶ」ボタンを設置したり、配信者とその場で一緒に遊ぶ
・プレーヤー側から動画をアップロードする必要がないため、動画配信と相性が良い
・サービス開始時から4K HDR 60fps・サラウンドオーディオ対応。将来的には8Kにも対応できる

といった特徴があります。



ストリーミングゲームは原理的に「本体がネットの向こうにある」状態のため、入力が届いて映像が戻ってくるまでの遅延が問題になりますが、Stadiaでは

・全世界に「Googleだけが可能」な規模のデータセンタを持っており物理的・ネットワーク的に近いこと(世界7500か所以上のエッジノード等)
・独自コントローラならば直接ルータに接続して入力遅延を短縮すること(PCなどを経由しない)
・レイテンシ軽減に最適化したサーバ設計や通信プロトコル等

により、サービス提供地域でネットワーク要件を満たすならば問題にならない程度に抑えるとしています。




STADIA Games and Entertainmentは、このSTADIAプラットフォームを推進するため、Googleが自前で設立したゲーム開発スタジオ。

責任者のジェイド・レイモンド氏はソニー(SOE)、EA、Ubisoftなどでゲーム開発者・プロデューサーとして実績がある人物。2018年末にEAを離れ、StadiaのためGoogleに加わっていました。

Stadia Games and EntertainmentはStadiaのために独自の新作タイトル開発と、パートナー開発者のサポートを担当するとされていますが、ゲームタイトル自体の内容はまったく不明。パイプラインに何本あるのか、ジャンル等すら分かりません。

ただしGDCでのStadia発表はあくまで開発者向けにプラットフォームを紹介する内容で、コンシューマー向けサービスとしては2019年に北米や欧州の一部で開始することを除き、ラインナップや価格設定などの情報は一切ありませんでした。

いわゆるファーストパーティーとしてプラットフォームの強みをアピールしサービスを牽引する役割を担うのであれば、Googleが説明したStadiaならではの機能、たとえばサーバ側のインスタンスをシームレスにスケールして(つまり何台分も使って)、ゲーミングPCでは不可能なレベルの超絶グラフィックや大規模物理シミュレーション等を用いたり、YouTubeと密接に統合してプレイと視聴の境界をなくすものであったり、多数のプレーヤー視点の動画ストリームをまとめて扱う多人数協力・対戦、ゲームの「状態」を保存して体験を共有できるState Shareをシステムに取り入れるなど、さまざまな試みが想像できます。

Googleは今後の一般向けイベントでStadiaについて詳細を発表する予定。独自タイトルについても、おそらくはゲームイベントのE3など、コンシューマー向けサービス発表のタイミングでサードパーティ作品とともに明らかになると考えられます。


速報:Googleのゲームサービス『STADIA』発表。YouTubeのゲーム動画から即プレイ開始



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

140シェア
0
82
0
58

Sponsored Contents