Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

物理Apple Cardは驚きのチタン製。名前のみが記載される「最も安全なクレジットカード」に

良い意味で「プラスチックカードを再発明」的なノリです

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2019年3月26日, 午前03:28 in apple
908シェア
121
787
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

今回の隠し球的な発表となった、アップルのクレジットカード『Apple Card』。その最後に紹介されたのが、いわゆる物理クレジットカードでした。特徴はチタン製のプレートにレーザー刻印された、非常に豪華なカードであるという点。リリースではプラスチックカードならぬ「titanium Apple Card」と称されています。

さらにカード番号やCVV番号(カードID)、使用期限表示やサイン欄が一切ない、非常にシンプルなカードフェイスとなっています。こうした情報の絞り込みにより、アップルは「他のどの物理的クレジットカードよりも安全」とアピールします。
なお、提供は本サービス開始と同じく、米国のみ。提供時期は「今夏」。



Apple Card (Physical)

Apple CardはApple Pay経由での使用が基本となりますが、このカードはApple Pay非対応の店舗でも使えるように作られたもの。

Apple Cardの特徴である、Walletからの詳細な管理などはもちろんApple Pay対応機と共通です。ただし、ある意味で最大の特徴である『Daily Cash』還元率は、リリースによれば1%。Apple Pay経由では2%(アップルストアでは3%)となるため、この点は注意が必要です。

Apple Card (Physical)Apple Card (Physical)

このように、titanium Apple Card(物理Apple Card)は、昨今セキュリティを強調しているアップルの方針に沿ったデバイスとして、またはICチップ標準時代に再発明(再定義)したカードとも呼べそうな仕様となっているのが特徴。

良い意味でアップルらしいシンプルなカードフェイスやチタン製プレートという点などでも、モノとしての魅力も備えていそうな点が興味深いところ。Apple Card自体の申込手数料などは現状では未公開ですが、価格によってはこのカードが使える、というだけでも申し込む人が出てきても不思議ではないやもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

908シェア
121
787
0

Sponsored Contents