Sponsored Contents

wearableの最新記事

Image credit:
Save

HTCの法人向けVRヘッドセットVive Focus Plus、4月中旬に799ドルで発売

旧機種から200ドルアップ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年3月26日, 午後01:30 in wearable
60シェア
0
24
0
36

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View
HTCが、深センで開催されたVive Ecosystem Conference(VEC)において、スタンドアロンVRヘッドセットVive Focus Plusを4月中旬に世界25の市場で発売すると発表しました。価格は799ドルで、従来のVive Focusから200ドルアップとなります。

Vive Focus Plusは、PCやスマートフォンとの接続を必要としないスタンドアロン型のVRヘッドセット。発表自体は2月に行われていましたが、価格についての詳細はなく、第2四半期に発売予定とだけされていました。


従来のVive Focusは、ヘッドセット自体は6自由度(6DoF)に対応していたものの、コントローラーが3DoFでしたが、Vive Focus Plusには6DoFコントローラーが付属します。また、ヘッドセットも装着感が改良されたほか、ディスプレイに網目模様が見えてしまうスクリーンドア効果を軽減する新型レンズが採用されているとのこと。

スタンドアロンで利用できるだけでなく、PCやスマートフォン、ゲーム機などさまざまな機器に接続しVRコンテンツを表示するマルチモード機能も搭載します。

日本でも公式サイトに掲載済みで、国内販売されると考えられますが、基本的には一般消費者向けではなく、企業・法人向けのデバイスです。

一般消費者向けには同じくスタンドアロンのVive Cosmosが控えています。






CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
60シェア
0
24
0
36

Sponsored Contents